人気ブログランキング | 話題のタグを見る

回答:ボードゲーム好きに30の質問

しのさん発案のボードゲーム好きに30の質問へ答えてみた。


1 あなたのニックネームは?

こうりゅう と言います。
意図せず意識高い系な名前になってしまったのを若干後悔してる。
ちなみにデジタルゲームで名前を決めるときは黄龍にしてる。


2 初めて遊んだドイツゲームは何のゲームですか?

カタンの開拓者たち
ボードゲームというものがあるらしいと聞いたときに、一番有名だったので。
カタンにそれまで感じたことのない新しさの塊を感じたのがはまるきっかけ。


3 どこでボードゲームを遊ぶことが多いですか?

コスパを重視してカラオケでクローズ会することが多い。ドリンク飲み放題だし。
または、奥さんと家で2人で遊ぶ。


4 巡回しているボードゲーム関連のWebサイトがあれば、教えてください!

いろいろなサイトをRSS登録している。
一番楽しみにしているのは和訳神永峰さんのブログ
一番よく見るのは駿河屋。


5 よく試聴する動画配信や音声配信があれば、教えてください!

ボードゲーム系のポッドキャストは一通り聞いている。
バラエティ的な意味ではボードゲームおっぱい、楽しそうなやり取りと情報入手にはおしゃべりサニバがお気に入り。


6 参加しているどんなボードゲームイベントを教えてください!(メーカー、ショップ、個人問わず)

ゲームマーケットとフリーマーケット。
いずれも中古狙い。


7 普段の生活の中で、約何パーセントくらいボードゲームのこと考えてますか?

余暇時間の8割位のインターネットの半分ほど


8 マイベストボードゲームは?

ゾンビサイドシリーズ、ドミニオン、スチーム


9 好きなゲームデザイナーは?

Eric M. Lang(ブラッドレイジやライジングサンの人)
というかCMONが好き。


10 (上記以外で)今、注目しているデザイナーは?

ウヴェとフヴァチルは作品出すたびに気にはなる。


11 苦手なゲームデザイナーは?

プフィスターとウォルーシュは今の所しっくり来た作品がない。


12 好きなゲームシステムは?

競りとエリアマジョリティ、陣取り、トリックテイキング、協力ゲーム


13 苦手なゲームシステムは?

ダイスが個々人のみに影響するシステム。
ラウンドごとのイベントカード。
手なり感の強いやつ。


14 世間的評価は高くないけど、好きなゲームはありますか?

ゾンビサイドはユーロゲーとしても面白いよ!


15 世間的評価が高いけど、好きじゃないゲームはありますか?

たくさんある。
最近だとウィングスパン。


16 購入するボードゲームは何を重視して選んでますか?

前評判


17 今、一番手に入れたいゲームは?

キックしていたゲームが早く届いてほしい。
・VAST幽霊屋敷
・Death May die
・ Empyreal: Spells & Steam

あとドミニオン拡張日本語版リリースのペースアップを!


18 よくボードゲームを購入するお店は?(リアル店舗、Webショップ問わず)

駿河屋、ゲムマ・フリマでの中古


19 中古のボードゲームを購入する際、気にしていることは?

気になっていたゲームかどうか、値段


20 ボードゲームを片づけたり、収納する際に、気を付けていることは?

なんとか棚に収めきる。


21 なにかボードゲームしてる際のジンクスはありますか?(右と左で迷ったら左を選ぶ…とか)

赤色を使わないと、他プレイヤーにも関わらず赤使っている気持ちになって自分のことを100%考えられていない気がする。


22 ボードゲーム中によくやる仕草、決め台詞等ありますか?

バレバレの利益誘導の口三味線が持ち芸らしい。


23 好きなボードゲームのウンチクを教えてください!

なし


24 「ボードゲームを趣味にして良かった」と思うエピソードがあれば!

自己紹介で困らくなったとは思う。


25 「ボードゲームを趣味にして少し後悔した」と思うエピソードがあれば!

引っ越しが大変。
ダンボールに詰めると床がなくなって寝られないので、徹夜必須。


26 「このゲームを買ってラッキーだった」と思うエピソードがあれば!

特にないが、「このゲームを買"え"てラッキーだった」というのであれば、
欲しいゲームをずっと心に留めていれば、いつか縁があって手に入るというのは何度も実感している。


27 「このゲームを買って失敗だった」と思うエピソードがあれば!

買ってはみたが遊んで面白くないゲーム、ルール読んでこれはだめだと思うようなことはたくさんあった。
理想は遊んでから、無理でもルール読んでから……


28 (ボードゲームを誰かに売ったことがある方へ)「このゲームを売ってよかった」と思うエピソードがあれば!

対面で喜んでもらえると、値段関係なく嬉しくなる。


29 (ボードゲームを誰かに売ったことがある方へ)「このゲームを売って失敗した」と思うエピソードがあれば!

無限のスペースが有れば基本的に売らないほうがいいと思う。
いつか遊び直したりする気になるかもしれない。


30 最後、この回答を見ている人にメッセージを!

遊んでみたいゲームがあれば表に出すことで結構なんとかなるので表明してみてください。

# by phys-can-tell | 2019-09-21 01:25 | ボードゲーム

ゾンビサイドインベーダー(ZOMBICIDE INVADER)ルールメモ

キックしていたゾンビサイドインベイダーが届いたので、他のゾンビサイドと違うなと思った部分のルールメモと特典分の抄訳を公開しておく。
(DARK SIDE拡張とそのキック特典、ORPHANS SURVIVOR PACKはアドオンしていないので下記には書いていない)
ゾンビサイドインベーダー(ZOMBICIDE INVADER)ルールメモ_e0190576_02285751.jpg

■基本セット
ゾンビサイドインベーダー(ZOMBICIDE INVADER)ルールメモ_e0190576_02285833.jpg
<プレイヤーキャラクター>
屋外に出るには酸素タンクが必要

屋外では実弾武器は打てない
屋外で近接武器はエネルギー武器でも可能
プロトタイプ武器はエネルギーセルを合体させたら、屋外でも射撃可能

射撃の優先度は
1.タンクとアボミネーション
2.ワーカー
3.ハンター
外したらフレンドリーファイア(絶対命中、武器のダメージそのまま与える)

ダイスを振る前に集中攻撃を宣言して1体をターゲートとしてダイスを振ってよい
武器ダメージ×命中数を相手に与える(例:ダメージ1で3ヒットなら3ダメージとなり、アボミネーションも倒せる)
フレンドリーファイアは普通に処理する

リモートコントロールスキルかリモートトークンを持っていれば、マシーンアクションが可能
1アクションでマシーンを1アクション起動できる
キャラクターのスキルは適用しない
マシーンを起動したら、マシーンアクティベーショントークンを置き、そのラウンドの間マシーンはエイリアンからは生存者とみなされる
そうでなければエイリアンからは無視される
マシーンの体力は1

・PEACEKEEPER BOT
移動、近接、射撃(屋外可)が可能
コントロールするキャラが同じゾーンにいたら、キャラクターが1ゾーン移動する限りフリーで同じだけ移動してよい
これはアクティベーションとはカウントしない

・FALCHION SENTRY GUN
射撃(屋外可)が可能
FALCHION SENTRY GUNと同じゾーンにいるキャラクターはリモートコントロールスキルが有るようにFALCHION SENTRY GUNを操作できる


<エイリアン(ゼノ)>
スポイラーアボミネーションの移動経路にはモールドタイルが置かれる
モールドが置かれたら、屋内側の壁はなかったことになる
モールドの置かれた部屋の全てのトークンを捨てる(ゲームに即時敗北になる可能性もある)
アクティブなモールドは視線をそこで遮るが、エイリアンの視線は遮らない

モールドが2つ以上の発生地点を繋いだらゲームオーバー
スタートからいたキャラクターの誰かがやられたらゲームオーバー(メカは含まない)

タンクの攻撃は2ダメージ
スポイラーアボミネーションの攻撃は3ダメージ

移動候補が複数あり、1ゾーンの奇数体のエイリアンが分かれるように移動する時も分裂しない
1体のみしかいない場合はプレイヤー達が行く方を決める

生存者は1アクションでドアをトークンの続く数だけ閉じることができる
閉じたドアを壊して開けるのにそのゾーンの全てのエイリアンはアクションを使う
壊れたドアトークンはモールドが置かれない限りそのまま(通常ドアは5つの有限)
ハンターは2アクション持ち、他のエイリアンと一緒に1アクションを使い、その後2アクション目を行う

エイリアンのミニチュアが足りなくなったら、全てのアボミネーションをアクティベートし、種類はなんでもいいのでアボミネーションを発生タイルに置く(アボミネーションがストックになければ無視)

モールドゼノカードが出て十分な数のミニチュアがなければ、全てのアボミネーションをエクストラアクティベートする。
その後、スポイラーアボミネーションをアクティブなモールドでミニチュアが足りなかったタイルに置く(すでにスポイラーアボミネーションが出ていたら無視)

<タイル>
・SECURITY ROOM
兵士も民間人も探索アクションができる
(民間人は屋内のエイリアンのいない部屋ならどこでもできる)

・O2 ROOM
酸素ボンベを受け取れる

・AIR LOCK
外に出られる
モールドトークンが置かれても、外に出られる機能は残る


■BLACK OPS拡張
ゾンビサイドインベーダー(ZOMBICIDE INVADER)ルールメモ_e0190576_02285872.jpg
ブラックオプスのキャラクターはBLACKBIRD SMGとSHOCK GLOVEを装備してスタートする

・XN35 "CRAWLEY" BOT
上記PEACEKEEPER BOTと同様
移動、近接、射撃(屋外可)が可能
コントロールするキャラが同じゾーンにいたら、キャラクターが1ゾーン移動する限りフリーで同じだけ移動してよい
これはアクティベーションとはカウントしない

・METOR SENTRY GUN
射程1-3の射撃アクションで、視界の通ってなくても射撃できる(屋内の壁を貫通して射撃してよい)
ダイスを振る必要なくターゲットゾーンの対象1体を倒す
射撃の優先順位は普通の射撃と同じ
1.タンクとアボミネーション
2.ワーカー
3.ハンター

<エイリアン>
・JUGGERNAUT アボミネーション
攻撃力3
地獄の炎やPODの爆発、METOR SENTRY GUNなど、1撃で倒せる攻撃でないと倒せない

<タイル>
・PODゾーン
モールドゾーンとして扱う
PODを標的と宣言して、2ダメージ以上を1ヒットで与えたら(訳注:おそらく集中攻撃が可能のような記述)、地獄の炎が発生する
その際は、インアクティブなモールドトークンを置く
スポイラーアボミネーションが入ったら、モールドトークンを取り除き再びPODゾーンとする


■キック特典 CIVILIZATION PACK
ゾンビサイドインベーダー(ZOMBICIDE INVADER)ルールメモ_e0190576_02302317.jpg
<アボミネーション>
共通
攻撃力3
倒すのに3ダメージ必要
経験値5

・ROGUE MACHINE アボミネーション
初期配置のBOTとしては使えない
カードが引かれたらそこに発生する
ゼノフェイズにアボミネーションとしてアクティベーションされるが、生存者のアクションによってコントロールもできる
・BDY-42 BUDDYBOT
射程1-3、3ダメージで射撃してくる(自分と同じゾーンの生存者は攻撃できない)
生存者によってコントロールされる際は、射撃はできるが移動はできない
その際は、射撃の優先順位に従ってダメージ1を3体に割り振るか、ダメージ3を1体に割り振る(ダイスは振らないで命中)
マシーンアクティベーショントークンは受け取らず、生存者としてもカウントされない(エイリアンのターゲットにならない)

・I.R.I.S SENTRY GUN
射程1-3、3ダメージで攻撃してくる(自分と同じゾーンの生存者は攻撃できない)
アボミネーションとしての移動はしてこないが、攻撃できる生存者がいないとアクティベートされ3ゾーンまで移動する
生存者によってコントロールされる際は、射撃はできるが移動はできない
その際は、射撃の優先順位に従ってダメージ1を3体に割り振るか、ダメージ3を1体に割り振る(ダイスは振らないで命中)
マシーンアクティベーショントークンは受け取らず、生存者としてもカウントされない(エイリアンのターゲットにならない)

・BABYFACE アボミネーション
これが倒されたとき、すべてのボード上のゼノがアクティベートされる

・MOTHER-IN-LOW アボミネーション
これがいるゾーンが射撃攻撃の対象になり、それで倒されなければ生存者のアクションフェイズに割り込んでこれをアクティベートする
その後生存者のアクションフェイズに戻る
これは一人の生存者のアクションフェイズに複数回発生しうる

・SHADOW アボミネーション
射撃優先度はハンターと同じ
1ゾーン破壊のような攻撃以外では、近接武器でのみ倒すことが可能

・STOMPER アボミネーション
ゼノのエンドフェイズで0-2ゾーン以内に生存者がいたら(視線が通ってなくてもよい)、そのゾーンに移動してスタンピングする
そのゾーンの生存者フィギュアを横倒しにし、生存者は復帰に1アクション必要となる
マシーンはスタンピングの影響を受けない

・SINDOWMAKER アボミネーション
1アクションで2ゾーン動く
動く前に動く目標ゾーンを設定する
アクティベートされた際、視線の通る0-1ゾーンに生存者がいたら攻撃を行う
攻撃対象は生存者のいる視線の通る0-1ゾーンの全てのゾーンの全ての生存者

<ゼノ>
・FLINGERS
アクション数:1
攻撃力:1
倒すのに必要なダメージ:1
経験値:1
射撃優先度:ワーカーと同じ
部屋ゾーンでも1部屋先まで視線を得ることができる(ダークゾーンはゼノには影響しない)
アクティベートされた際、視線の通る0-2ゾーンに生存者がいたら攻撃を行う

・SEEKER ワーカー
アクション数:1
攻撃力:1
倒すのに必要なダメージ:1
経験値:1
射撃優先度:ワーカーと同じ
シーカーカードが引かれたら、全てのシーカーはアクティベートされる

・XENOMOTHS
アクション数:1
攻撃力:1
倒すのに必要なダメージ:1
経験値:1
射撃優先度:ワーカーと同じ
近接武器では倒せない
アクティベートで3ゾーンまで移動できる
動く前に動く目標ゾーンを設定する


■キック特典 SOLDIER PACK
ゾンビサイドインベーダー(ZOMBICIDE INVADER)ルールメモ_e0190576_02311721.jpg
<アボミネーション>
共通
攻撃力3
倒すのに3ダメージ必要
経験値5

・ZENIUM HORROR アボミネーション
生存者のいる一番うるさいゾーンからアクセスできる2ゾーン離れた位置に発生する
室内だったら、モールドトークンを置く

・BROOD MOTHER アボミネーション
生存者の2ゾーン以内移動を終えたら(視線が撮っている必要はない)、8体の BROOD CHILDRENを発生させる
各BROOD MOTHER アボミネーションはこれを一度しか行わない
すぐにBROOD CHILDRENの移動アクションを行う

・BROOD CHILDREN
アクション数:1
攻撃力:1
倒すのに必要なダメージ:1
経験値:1
射撃優先度:ワーカーと同じ
アクティベートで2ゾーンまで移動できる
動く前に動く目標ゾーンを設定する


■KABUKI GANG
ゾンビサイドインベーダー(ZOMBICIDE INVADER)ルールメモ_e0190576_02285803.jpg
このギャングのメンバーはセットアップ時、探索カードの山から武器が出るまで引いて、そのカードを得る


■PLAGE GANG
ゾンビサイドインベーダー(ZOMBICIDE INVADER)ルールメモ_e0190576_02285824.jpg
このギャングのメンバーはどこでも探索アクションができる
(部屋だけでなく、屋外でも、モールドでも、ピットでも可能)

# by phys-can-tell | 2019-07-21 02:32 | ボードゲーム

メイジナイト アルティメット・エディション 紹介&和訳シールデータ

メイジナイトというボードゲームがある。
メイジナイト アルティメット・エディション 紹介&和訳シールデータ_e0190576_12145039.jpg
これはいわゆる、憧れのゲームの一つで、ボードゲームをやり始めた頃に存在を知り、
そのすごそうな中身、高いランキング、言語依存、そしてプレミア感にただただ近寄れない眩しい存在だった。

そのメイジナイトに対し、最近ブログで連載して紹介されている方があり、興味深く追わせて頂いた。

記事によると、アルティメット・エディションというものがあり、拡張が同梱されているとのこと。
そして、アメリカのAmazonなら、適正価格で入手できるということを知る。
2019年6月現在、本体100ドル位、送料は30ドルくらいである。

これくらいなら、入手できてしまう…
でもルールが…
と思っていたら、公開されている方がいた。
(ブログを提供していたサービスが停止されてしまっているので、アーカイブのリンクを貼らせて頂く)

ここまでお膳立てされていたら買わない理由はない、ということで購入。

ちなみに、ルール読んだだけでは、ほんとに何を言っているかよくわからないので、上記の紹介記事や、下記ブログのリプレイを読み込むことをおすすめする。

・リプレイが詳しい記事

・1記事で要約がわかり、サマリも配布されている記事


カードの言語依存も強いため、できれば和訳シールを貼ったほうが良い。
カードの和訳は、上記ルールを公開されていた方のページで基本セットの上級カード分は公開されており、
また、同時期にアルティメット・エディションを購入された方が残りの基本セット分を作成されている。

そして自分も、拡張の分のカードシールを作ったので、これら3サイトの分を使えば、ほぼ完全日本語版にできるはずである。

1人か2人で遊ぶのにはすごく楽しいゲームなので、是非挑戦してみて欲しいところである。
メイジナイト アルティメット・エディション 紹介&和訳シールデータ_e0190576_12145120.jpg
メイジナイト アルティメット・エディション 紹介&和訳シールデータ_e0190576_12145073.jpg
中身はこんな感じ。

# by phys-can-tell | 2019-06-01 12:19 | ボードゲーム

ゲーム「Subnautica/サブノーティカ」感想

PCゲームのサブノーティカをクリアしたので感想を。
ゲーム「Subnautica/サブノーティカ」感想_e0190576_22492964.jpg
自分の基地
■概要
未来、宇宙船で遭難、脱出ポッドで海しかない惑星に着水、サバイバルして脱出

・ゲームジャンル:一人称視点のサバイバルシュミレーション

・プレイ時間:詰まったらwikiを見るプレイで30時間位

・PCゲームであり、steamやEpicgamesなどのプラットフォームが利用できる。価格も安い。

・マウスとキーボードだけで問題なく操作できる。
なんならキーボード主体の操作は初めてだったが、クリアできるくらいには難易度も高くない。
マリオカートのレインボーロードで必ず下に落ち、スマブラはカービィのガチャプレイしかできない自分でもできた。
日本語化もされている。


■海とゲームとの相性
海、というものは3Dのゲームと非常に相性が良いと感じた。
海は、水面を境に水中と空中(と地面)に分かれる。
海中は、3Dで動ける。これが感覚と馴染む。

例えば宇宙空間を遊泳できるゲームが有ったとして、上も下もなく無限に広がる空間を操作するのは大変なのではないだろうか。
海は、上があり、下がある。そして泳いだこともあるから感覚もわかる。
ふわふわしていて、若干重力もあり、360度動けるものである。
3Dのゲームはあまりやったことがないが、海は海中つまり他の地上ゲームで空中に当たる部分を自由に移動できる。
これは非常に贅沢なことで、ゲーム空間の表面だけでなく、存在を移動して味わうことができるのである。

その親和性が、最後までゲーム媒体に合っている。


攻略対象としてのゲームという観点から見ると、また海は都合が良い。
人間は呼吸をしないと死ぬ。そして海では呼吸ができない。
最初は海の表層部分しか移動できないし、すぐに海面に出ないと死んでしまう。

だが、海を見渡すと無限に広がる空間があり、何より下にはまた、未知の深海がある。
ちょっと潜っただけでも、すごそうな生物や残骸、底の見えない海溝があり、下には何があるんだろう行ってみたいという気持ちをくすぐられ続ける。

横方法に見ると、壊れて燃え上がっている自分乗っていた大きな宇宙船が見え、水平線がいつまでも広がっているように思える。
そちらも何が、クリアするヒント、便利な道具があるのだろうかと期待を煽られる。

底知れぬ下方向の海、果てしない横方向の海原がゲームを続ける好奇心を絶えず供給してくれる。


■不自由から自由、不自由
不時着したてのときは、45秒しか息が持たず全く不自由である。
それが、75秒、135秒と増え、最終的には3分まで伸びる。
これにより、すぐそこにあるのは分かっていたのに手を伸ばせなかったところに、手が届くようになる。

そのピークは、「シーモス」という小型潜水艇ができたときが一番であった。
シーモスは潜水艇であり、潜れる。
それだけでなく、中に乗っていれば酸素が無限なのである。
ゲーム「Subnautica/サブノーティカ」感想_e0190576_22501876.jpg
シーモスに乗って

これまで潜っては酸素のために海面に上がっていた煩わしさから、シーモスに乗って探検し、気になるものがあれば出てまたシーモスに乗ってドライブが続けられる。
シーモスは操作が泳ぐのとほぼ同じで、速度が上昇し非常に快適である。

シーモスができたときから、ゲームは一変し広範囲を探検することができる。
遠かったビーコンや船の残骸をたくさん見て回り、様々なツールを作れるようになる。
そして、今までのサバイバルポッドとは大きく違う、海中基地を作るまでになる。
圧倒的自由、なんでも探索圏であり貪欲に取り入れ続けられる楽しさがある。


だが、シーモスにも限界はある。
非常にやわなので、危険生物の密度が高くなると不安である。
何より、あまりにも深海だと耐久値が足りず潜れない。
そんな理由で、次の足を求めるようになる。

シーモスの次の乗物は、大型潜水艦「サイクロプス」とパワードスーツである「プラウンスーツ」である。
どちらも酸素供給は無限。
これでどこでも自由に乗り出せるぜ!と思って乗り込むものの、ここで一つの落胆がある。
シーモスを更に快適で、強く万能にしたかと期待していたが、全く違う。
ゲーム「Subnautica/サブノーティカ」感想_e0190576_22500075.jpg
サイクロプス完成

サイクロプスは操作が難しい。
狭い視界の前しか見えず、潜望鏡やソナーを頼って移動する。
小回りが全く効かず、あちこちにぶつけないかヒヤヒヤする。
さらに、デカイから強いかと思いきや、全然狙われて反撃もままならない。
最悪なのは、燃費が非常に悪くバッテリーが急速に減るため帰ってこれるか常に気になる。

プラウンスーツはまた違って難しい。
こいつは一応スーツなので、泳ぐ感覚には近いものの大きな相違が1点。重さである。
生身のときは、ほっておくと水中で待機している状態となっていたが、プラウンスーツは沈んでいく。
操作していても勝手に沈むので、基本は海底を歩くかジャンプである。

生身やシーモスで泳いでいるときの360度自由に動ける楽しさはそこにはなく、重力に縛られて不器用にジャンプするライクア月面歩行機である。
プラウンスーツは割り切れるまで本当に大変で、下の方に行ってしまうと上に戻るのが相当手間である。


とはいえ中盤以降、サイクロプスで深海までスーツを運び、プラウンスーツで探検するのがデフォルトになるため、こういったゲームだったと慣れるようになる。
すると、またちょっと自由に動けて楽しくなってくる。海そのものの仕様は前半で把握しているし。
この場合の自由とは、生身では到底立ち向かえなかった凶悪な生物のうようよするゾーンも、気をつければ歩き回れる自由である。
つまり、拒否されている秘密の場所を無理やりこっそり立ち入る自由であり、これもまた好奇心を満たしてくるので質が悪い。



■美しさ
水中はかなりきれいである。
サンゴや変わった植物、変な生き物。それらが生息する領域が何種類もある。
深海には光るキノコや巨大なリヴァイアサン種というやつらがいる。
そんなところを泳ぎ回り、自分の家を建てたりシーモスで散歩するのは、退屈な移動時間というものをゲームからなくしていると思う。

非常に満足度の高い1本だった。

現在テスト版の続編、「below zero」も期待したい。(今度は冬の海だ!)


# by phys-can-tell | 2019-02-11 22:52 | ゲーム

作成中

※これは友人のわたる(twitter:@WhAT_A_RUle)さんの寄稿記事です。




# by phys-can-tell | 2019-01-24 21:45