<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

コミックマーケット84感想

毎年恒例で行ってきた。今回は3日目。
事前に1日目と2日目のレポートを読んで凄まじく暑いだろうと覚悟して行ったらやはりとても蒸し暑かった。
それでも前の日よりはましかなと思ったが、帰りの電車がすごく混んでいてメンタル的に疲れていたこともあり若干気分が悪くなった。
夏コミはほんと体力勝負だわ。

11時過ぎくらいに行って、まず企業ブース、西館、そして目当ての東館へまわった。

e0190576_2291528.jpg

企業ブースには300万以上もするマジェスティックプリンスのメカ、アッシュのフィギュアがあった。


東方などのジャンルはニコニコの影響かかなり若い世代がたくさんいて、逆に焦る。
女子中学生とかが来るにはまだ早いような……


今回はカタログを買い忘れてたこともあり、電源不要ゲーム(TRPGやボドゲ)関連のものだけをとりあえず目当てに。
事前に欲しいなと思っていたハートオブクラウンというドミニオンをうまく日本の萌え文化に消化したようなものと、ブログを読ませて頂いてる遊星からのフリーキックさんのボードゲーム評論はちゃんと手に入れることができた。
ハートオブクラウンは拡張も出ているようで、とりあえず基本セットをやってみてよかったらAmazonでも通販してますとのこと。
あとはラブレターという16枚のカードのみで成り立っているのにちゃんと駆け引き読み合いがあるゲームで有名なカナイ制作所さんが出店されていた。
成敗という前から気になっていた必殺仕事人テーマのゲームを売っていらしたので購入。(成敗のオビ湾さんのレビュー
ついでにラブレターマニュアルという攻略本も買ってしまった。
まぁこういうのは一期一会で勢いだよね。

e0190576_229413.jpg

戦利品。
左中段が成敗、その下がハートオブクラウン。
下段にラブレターマニュアルとテーブルゲーム評論が3冊。
あとは企業ブースで配っていたチラシ類。のうりんの絵は貰いに行った。
あまり買い物はしなかったが、去年までミリタリー目当てで行っていたコーナーが実は電源不要ゲームの分類だったと知ってちょっと嬉しかったり。
自分の世界が広がったおかげで、これらの価値がわかる!という喜び。

e0190576_2210328.jpg

ついでに恒例の限定スポーツドリンク。
涼しげだが自販機から出てきたときはわりとぬるかったw
毎回賞味期限切れるまでとっといてしまうので早めに飲もう。
[PR]
by phys-can-tell | 2013-08-12 22:19 | ブログ

ボードゲームを買うというボードゲーム

前回の記事がなんかはてなブックマークに引っかっかって今までにないアクセス数を叩きだして焦った。
人力検索というものはマイナージャンルだとなかなかいいかもしれない。
でもコメントは普通にブログにしてもらったほうがありがたいような……



それはそれとして、ボードゲームに限らず私ははまったものはド買いして貯めこむ性質がある。
古いものだと中古で探すのも好きで、本やゲームもブックオフや秋葉原で物色して帰りに重くて大変な目にあうことも多い。
ボードゲームをたくさん買うのもそれの延長線な面があるなと思った。

別にボードゲームだけでなく、服でもなんでも趣味のものを集めるということはだれでもある。
買い物はストレス発散というし。
ボードゲームというものの内面的な集めたくなる理由は前回の通りなのだが、それだけでなく買って集めるのもまた、楽しい要素であると思う。
だがあえてボードゲーム的にこれを解釈すると、ボードゲームを手元に集めるというボードゲームのソロプレイをしているということができる。


魅力的なものはないかとレビューサイトを探し、過去のプレイレポを全て眺め、良さげなのをピックアップ。
本や雑誌も参照し、自分の琴線に響くものを探す。
Amazonのほしい物リストに入れて一旦寝かせ、なんども熟考する。

そしてこれは絶対面白いだろう、自分に合うだろうと確信したものが残り、それからはいざ実物に遭遇するのを待つ。
お店や駿河屋のボードゲームの在庫を全て目を通して価格と欲しさが拮抗する感覚。

ガレッジセールやフリーマーケットなどのイベントでは、全然名前を知らないようなボードゲームにも出会う。
それが当たりなのかどうか、自分の勘と少ないネットの情報から即決しなければならない状況。

箱が大きく場所を取るが、それがまた買ってきた、届いた際の勝利感につながる。


結局これら、情報を吟味し、出会った場の状況、現在の財布の中身でそのボードゲームを買うかどうか判断し、持ち帰るときの重量感、棚においた時の見栄え、そしてプレイした時の面白さ特に自分の確信が当たって本当にいいものだったときのなんともいえない高揚感。

そういったものが現実的なボードゲームというか、ボードゲームに落としこむ前の理想的簡略状態だなーと思った。
[PR]
by phys-can-tell | 2013-08-02 23:52 | ボードゲーム