<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ドミニオン

買ってきたアナログゲームを一回づつくらいプレイした。
それはそれでそのうち感想書くとして、中でもドミニオンが気に入った。


・ゲームシステム

たくさんの種類のカードの中から10種が選択可能として示され(サプライという)、最初は銅貨カード(1通貨単位)7枚と3枚の屋敷カード(1勝利ポイント)を持ってスタートする。
10枚のうち5枚を手札、残りをデッキとし、ターンごとに5枚引いてアクションなどを行い、使わなくても全部捨てて入れ替える。
また、通貨やカードの効果を使用して選択可能な10種のカードから任意のものを捨て札に加えることができ、捨て札はデッキがなくなるとシャッフルしてデッキとなるのでどんどんデッキの枚数が増える。
増えると共にデッキが強くなっていき、まさに「デッキ構築型」のゲームだとわかった。

ポイントとしてはアクションカードは強いものの最終的な勝利点には貢献しない。
勝利ポイントを稼ぐカードはプレイ中は引いいてもなんの効果もないので邪魔でしかないというジレンマ。
10種サプライからの3種類のものがなくなるか、一番高額な6ポイントの勝利カードがなくなるというものが勝利条件であり、デッキを育てて強くするタイミングと勝利ポイントを集めるタイミングが対人要素として牽制し合いになる。

また、10種のサプライを入れ替えることで毎回違った戦略が有効となり長く楽しめる。
サプライがプレイヤー間で共通のため、遊戯王やマジックザギャザリングのようなトレーディングカードゲームにありがちな、お金をかけてからがスタート、とはならないのが個人的に一番気に入ったポイント。
しかもサプライを増やす拡張版がたくさん出ているので、はまればかなり深いと思う。


・感想など

箱を開けるとまず、「カードがめっちゃたくさん入ってる!!」と驚いた。約500枚らしい。
しかもカードと説明書しかなく、サイコロやコマなど他のアナログゲームによくあるコンポーネントもない。ほんとにたくさんのカードだけであった。
駿河屋で中古のものを購入したのだが、前の持ち主さんが丁寧に使っていたようで透明なカードバリアがついていた。
だがしかしカードの説明が英語版で最初は説明書と照らし合わさないときつかったw
まぁ世界標準でできると喜んでおく。というか慣れれば大学生程度の学力で平気だった。

これは他のアナログゲームでも思ったことだが、ドイツボードゲームはシステムが良く練られていて感心することしきりだが入れ物がよくない。
ドミニオンなどは箱が大きく、それでいてはいっているものはカードが主である。
しまう際にカードが種類別に分けれるようになっているのだがそれもまた微妙にサイズが大きかったり小さかったりであった。
中古で買ったためかわからないが、輸入したすごろくやの「ドミニオンパンツ」というカードを種別にまとめる紙製のものが入っていて、これの存在意義がわかった。
ちなみにすごろくやに行ったらさらにドミニオンをコンパクトにしまうケースまで売っていて、やはりこういう需要あるよなと思わず苦笑した。
そのケースを使用しても今出ている拡張版すべてを収納するには6ついるとかで、アナログゲーム趣味は場所との戦いという先人の言葉が身にしみるようになった。

同じく初心者の友人二人と試しにやってみた。
アクションカードを集めるのが楽しく、特に村などのアクションを増やすカードを使ってのずっと俺のターンな展開が簡単に可能で快感があふれる。
あまり使わないカードを糞認定しなが三種のカードサプライ切れで終了。

二回目は民兵などの攻撃を使ってみて、相手は堀を使用しなかなかいい勝負で負け。

これは奥深いかつ自由度の高い良いゲームだなと感じた所でネットで一人プレイができるほぼドミニオンというサイトを知り、練習しようとアクセス。
が、勝てない。
CPU相手なのに全く勝てない。

なぜかと思いコンピュータの動きを見ていると、銀貨などの通貨を買っていた。
そもそも通貨は鉱山などでアップグレードしないといけないと思っていただけに、この手数料甚大な両替の存在は穴だった。
さらに、CPUはあまりアクションカードを買っていない。
下手すると最後まで3枚くらいで進めていた。
どうしてなんだろうかといろいろ検索してみると、 ねここぶろぐさんの今から始めるドミニオンというページにヒットした。
上記によると「アクションカードを買いすぎる」というのは初心者にありがちなことであり、お金で上位貨幣を買って8金を目指し一番ポイントの高い属領の勝利カードを買い集めるシンプルな戦術にスピードで勝てないとのこと。
これだ。

そこで、このサイトを見ながらほぼドミニオンをやってみるといい勝負ができ、5回に1回くらいは勝てるようになったのが今ここ。
プレイ動画などを見ると糞カード認定していた工房や改築もかなり使いでのあるカードだとわかったりとどっぷりハマっている。
一緒にプレイする人が少ないのでなかなか対人はできないが、うずうずしながら知識をつけているところである。


・おすすめポイントまとめ
1 お金がかからない
2 お互い公平な条件でスタート
3 毎回ちがう条件で遊べる
4 拡張もたくさんある
5 戦術が多彩
[PR]
by phys-can-tell | 2013-05-22 10:27 | ボードゲーム

初心者のボードゲーム感想。

前行った2013東京ゲームマーケット春とそのあたりで買ったアナログゲームの感想とか。
買ったゲームの写真があるゲームマーケットの感想記事


・トスカーナの戦い
役を作っての3すくみが基本で、そこにトリッキーな特別札とそれに勝てる役を加えた組み合わせを考え、相手と勝負する2人用ゲーム。
5枚の手札中3枚を相手に渡し、2枚山札から引く。なので相手の手札の5枚中3枚は把握していることになる。
また、山札自体も3種×6枚、特別札の将軍2枚の計20枚しかないのである程度何が残っているか確率計算することもできる。
互いの手札を類推し、どの役を出してくるのかを考えて論理的に戦えるのが楽しい。


・POWERS
複数の国をトランプによって落札していき、最終的に集めた国の合計点が一定値に達すれば勝利となる。
国を題材にとっているだけあり、隣接国という概念が目を引いた。
落札対象の国の隣接国を持っている人は落札で有利になるが、もし他プレイヤーに取られてしまうと防衛として手札を捨てない限り自分の隣接国を取られてしまう。
手札0を目指すトランプ系のゲームが多い中、手札の枚数が多いほうが有利で強さ的に微妙でも前述の防衛の際に役に立つし、国を手に入れる際にもコストとして何枚か捨てなければならない。
コストの安い国の隣接国に高コストな国があったりと終盤にかけて駆け引きがあついゲームだった。

今回いろいろなゲームをやったのを通して、なんとなく各自のターンを回していくよりもその行動を取った理由を説明したり議論したりしがならプレイするとみなが知的に楽しめると感じた。


・ダイヤモンスターズ
1から5までの数字の書かれたモンスターの札を各々が持ち、山札からでてくるモンスターを同時出しで競っていくゲーム。
数字が大きいほうが強く、1は5に強いという基本ルールと各モンスターにあてがえらたダイアモンドの数がある。
他のプレイヤーと同じモンスターをだすと引っ込めなければならず、被さず、かつ数字的に強いものを出さなければならない。
ダイアモンドを7つか同じモンスターを3体集めれば勝ち。

ルールがわかりやすく、とっつきやすいが大人数になるほどわりと運に作用されるのでダレやすいかもしれない。
競りに出すモンスターを宣言し、それが嘘で買った場合はダイアモンドマイナス1とかにするといいかも。
対象年齢は低めだと感じた。


・ドラゴンズストーン
複数引いた手札から一枚を残して隣に渡し、というのを繰り返して手札を構成するドラフト制というものがまず初めて知った境地。
出したカードの効果がそれぞれの効果のスピード順に処理されるので、うまくハマれば強力なカードを無力化できたりする。
ただ、カード系のゲームの常として全体の効果を知っているのが前提のところがあり、初心者と慣れている人では差が出てしまうのが難点か。
ある程度内輪で繰り返しやると面白い。

何度もやると飽きてしまうので、カードの拡張パックというものの存在意義がわかった。
遊戯王のようなお金をかければ強くなる、みたいなのよりはとても健全で気に入る。


・カタンの開拓者たち
ドイツボードゲームを変えた、ここから現在のボードゲームが発生した、と言われる古典的名作らしい。
ランダムに作ったマップに開拓地を立て、サイコロの出目に対応する土地から出る資源を集め、発展していくさまを競う。
そうそう資源が揃わないので前半はお互いに交換をし、後半になるにつれおじゃまな盗賊を利用したり、相手の道を分断したり、駆け引きを試みる。

サイコロにここまで一喜一憂できるのかと自分でおどろくほどであり、約一時間のワンプレイが非常に濃いものだった。
なんども遊べるという点でも優れているし、やはりすごかった。



上記に加えて、このブログのタイトル通り、自分の中でアナログゲームが熱したので評価の高いものをいくつかポチった。
またプレイしたら感想を書きたい。

・ ボーナンザ
豆を扱った農業系カードゲーム。わりと他の人と協力しながらやるらしい。

・ ドミニオン
デッキ構築系カードゲームとして、カタンと並ぶほどの名作とか。ドラゴンズストーンが斬新に感じたので、やってみることに。

・ 勝利への道
すごろく的なボードゲーム。見た目で気に入った。
参考サイト


・カルカソンヌ
領土を拡大してお城を立てるゲームらしい。


前買ったボードゲームワールドというボードゲームマニアの頂点を競う人が書いた本がとても参考になった。
料理や排泄、建築などのテーマごとにベスト10のボードゲームが紹介されているのだが、どうやら自分には農業と遺産系のボードゲームを好む素養らしい。
また、見た目としてはマス目があって、その並びにランダム性がある(固定されていない)ほうが好ましいと感じる指向性があるようだ。

まぁいろいろやろうと思う。
[PR]
by phys-can-tell | 2013-05-16 16:26 | ボードゲーム

携帯の話

iPhone愛用中ドコモ店員のブログというブログをみつけて何個かの記事を読んだ。
売る側の目線からだったが、携帯という必須インフラについてやはり難しいものがあると思った。

自分はauのiPhone4sを使用中であり、学生なこともあって周りの人達もある程度新しいスマホを持っている環境である。
自分たちの大多数にとって、大多数に属していることはかなり重要である。ガラケーを持つというマジョリティを選択できるメンタルを持てる人というのはもう多数派にはいない。
よっぽど芯のある人は気にしない。周りから変人と見られてる人も気にしない。後者に見られたくない人というのは前者ではなく、多数派に入る。


二年近くiPhoneを使ってみて、確かに本当に便利だと思う。

LINEはもはやインフラであり、正直メールよりも手軽でスピーディ、既読確認もでき複数でのチャットも容易である。

メールもGmailや学校のアドレス宛てのものを即座に通知され、返信を送ることができる。

ネットはメインがChromeであり、タブの同期がとれるのでパソコンで見ていたページを電車でiPhoneで読んだり、iPhoneで気になったページをさらにパソコンで潜ったりできる。

天気や乗換検索も即座にでき、地図は指で自在に移動、拡大縮小ルート検索ができる。

取った写真はすぐDropboxにアップできるし、アップしておいたpdfやワードファイルも携帯で見ることができる。

Amazonの買い物もすぐできるし、お店でバーコードを読んでレビューを眺めることとも楽だ。

レシピも眺めながらスーパーで物色できるし、音楽もたくさん入るのでウォークマンがいらなくなった。



それでも、これだけ便利だけれども、いざ就職して月々7000円、だいたい二年ごとに機種代ウン万円を払うに見合う価値があるか。
月平均として約1万円、就職した初任給の一桁パーセントを費やすに値するのだろうか。
テレビを見ればどの時間帯にも携帯会社のCMが流れている。芸人やタレントを起用し、犬に芝居をさせ、アイドルに勧めさせる。結局違いはそれほどない。お金はかかってそうだ。
そして現時点では通信費は親に払ってもらっている状態である。


授業時間の脇見、電車での2chまとめ閲覧、研究室での現実逃避にtumblr。
パソコンをつけていてもこれらに逃げてることの割合が多いのに、パソコン外でも本当に無意味に時間を捨てている。

これらのアプリをアンインストールすることはもちろん物理的には可能だ。でも精神的には無理だろう。


問題点列挙しかできなかったが携帯について最近思うことをまとめてみた


*追記
就活する際は、限られた説明会枠を得るために、PCサイトにアクセスできるスマホが必須とはよく聞くのでとりあえずは必要か。
[PR]
by phys-can-tell | 2013-05-14 14:19 | ブログ