人気ブログランキング |

<   2012年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

小説版機動戦士ガンダムユニコーン 1巻

上下巻(機動戦士ガンダムUC(1) ユニコーンの日(上)機動戦士ガンダムUC(2) ユニコーンの日(下) )を読み終わった。

重厚でねっとりと書き込まれた,はちみつの壺をかき混ぜるような感触を得た小説である。アニメを見てから小説を読んでいるが,それぞれの媒体の良さを完全に生かせている少ない例だと思う。

ここからは1巻の話だけに限定する。


アニメは,感動した。
宇宙空間に質量を感じた。宇宙だからと縦横無尽に物が,MSが動けるわけはない。だがアニメ的表現,ガンダム的な表現としてそれを受け入れている自分がいたことを再発見した。
SFのうんちく的なことだが,慣性や質量の定義(その物を動かしにくさ)がガンダムの世界と融合している。自分の生きる場の延長線上にありえる,というのが今までにない感覚だった。

そして何より,戦闘シーンが感涙もので,そこだけ何度見ても飽きない。
前述の質量の存在を意識した動きだけでなく,1機のMSに意思のある人間が1人,乗っていることが明確に描写されているのが改めて新鮮だった。ただのやられ役にも製作者の設定した,登場すべき理由が見て取れる。

理論的にはこんな感じだが,虚勢を剥がすと実際は単に「パーツパージかっこえーーーー(唖然)」であった。
タン,ッタタン,タンっと操縦桿のボタンを叩き,スタークジェガンからミサイルが発射され,増加装甲がパージし,突撃する。その様に見惚れただけである。
映画でハッカーがキーボードにカタカタと何かを打ち込み,最後にEnterキーをターンっと叩く。すると画面にいろんなウィンドウが開き,満足気なハッカーの顔とともに敵地では警報音が鳴り響く,みたいな美学,厨二病の憧れそのものがそこにはあった。

極論,アニメはMS戦だけあればよい。宇宙船内の細かいディティールや人間関係はおまけ。


そして小説では,戦闘なんてストーリーを進める手段,物語内部では暴力的ではあるものの,交渉の一部,という割当が徹底されている。
実際の戦争でも,個々の戦場より戦局,戦略が重要である。もちろんその戦場一つ一つにたくさんの人がいて,それぞれの物語があろうことは確かだが,歴史,いやもっと小さく見積もっても,2つの国の最終的な関連性にはそれは大きな影響がない。

だが,このユニコーンという作品は,ガンダムの世界というものをうまく利用していると,この点で感じる。
なぜか。
ガンダムは一機で戦場を覆し,戦争の行方も左右する存在だからである。

コロニー内のような局地的な場では,MS一機が趨勢に占める,先を左右する力というものが非常に大きい。
一体が持つ,政治力が高い,それも歩兵の集団よりももっと大きな。
MSがあるだけで,戦場が主要な政治の場となるのである。

ガンダムがまだ出てこなくても,MSの戦力というものは全く大きなもので,通常の人はそれに立ち向かうことはできない。
MSに乗るという行為を通じて初めて,他者と撃ちあうことで話し合えるのである。
そのMSを超越し,他のMSを単なる障害に貶める,ガンダムというMSが作る物語が一連の機動戦士ガンダムなんだと思っている。

さらにユニコーンでは,現在の体制を確実に左右するであろう「ラプラスの箱」といファクターがある。
これが,各陣営にとって正体が分からない未知のものであることで,MSを超える物語決定因子となったのが見事だと思う。
通常のガンダムものでは,主眼が「生きる」「生き残る」「守る」ことに比重が置かれがちなのを,ガンダムすら影響下に置く大きなベクトルを示唆できていることがすごい。


と,比較しようにも,アニメと小説どちらも素晴らしい点が全く違う。
もちろん説明不足なアニメ,メカの動きがよくわからない小説,という差はあるが,それはもはや個々の責任ではなく,媒体の特徴そのものであり仕方ない,そう言い切っていいと思える完成度が,両者にはある。
by phys-can-tell | 2012-07-29 01:31 | 小説

今日の,30度の冷房は気持ちだけ涼しいのか。

・バルに行ってみた

ワイン飲み過ぎて帰りの電車で貧血起こした。
お酒を飲むと強くなるってのは最初飲むときは緊張があるから酔いやすく,その後は経験で対策を各自とるから結果的にそうなってるだけじゃないかと。

それでもお酒との付き合いとして,

一杯目の飲み物として,乾きを癒すビール。
食べ物に合わせるのは甘過ぎないもの。
ちょっとお腹が落ち着いたら単体で楽しめるお酒。
最後半刻ほどは水や烏龍茶で頭をクールダウン。

そんな楽しみ方が構築されてきた。


・最低賃金とか生活保護とか

いろんな記事を見るけど,一番しっくりしたのは「最低時給はアルバイトやパートといった+αの稼ぎを求めている人が対象で,最低時給で働くのみで生活する人が多数存在することは制度設計時点で想定外だった。」という説明。

あとは今日読んだ,
同一労働最低賃金の法則について
という記事なんかは,民主主義や市場原理の見えざる手によってこうあるべくしてなった,そしてもっとひどくなる,と言っている。
せいじがーとか言って何か変わりそうなエネルギーを感じない。ネットもなんか冷めている。

データとかを漁っている訳ではないので半径の狭い体感だが,この先働いて,お金を普通にもらえて,結婚して子供ができて,定年まで働いて,長生きして死ぬ,みたいな人生を送れるだけで特権的な気がしてきている。苦労して職について,給料が下がったり能力成熟度に応じたりするので残業多くして無理やり稼ぎ,35くらいで婚活して結婚し,定年後も資産運用に四苦八苦する,みたいなのが既に今の中間値になってそうなのがこわい。これより悪くなるのはほぼ確実なのに,現時点で十分いやだ。


・海外旅行

始めての行き先として,イージーモードだろうと選んだ台湾は今更になって暑いだろうなぁと若干渡航前に後悔。
フルーツと千と千尋の舞台と,あとはご当地マクド,コンビニを覗きたい。
by phys-can-tell | 2012-07-26 23:31 | ブログ

今日の,研磨6時間やっといて(手動)

されど罪人は竜と踊る 11巻

かませと思われた大量登場した敵が、より強く成長し虎視眈々と逆転を狙う。
死んだと思われた敵が、実は予想を超えた強さで味方がピンチに陥る。

主人公が自己犠牲の上での勝利だけでなく、まわりの士気をも上げる。その手段のために目的を問わない姿勢が、成長とともに敵と同一存在になりうる危うさも醸し出す。

短編で語られたキャラの精神的強さが生かされはじめる。

賞金=強さ
強さ=組織の階級
といったワンピース的な社会論はきちんと存在しない。勝つのは運とずる賢さが上回るほうである。

燃え要素も,不死身系敵をメタ的に言及しつつお約束とばかりに葬ることでちゃんと含んでいる。。

このエピソードになってから三冊目だが,長いなりに意味のある長さだと感じた。


・蛮幽鬼
以前ゲキ×シネで見に行ったが,ニコ動で冒頭約30分をみつけた。
おすすめ。
【ニコニコ動画】劇団☆新感線『蛮幽鬼』


・ブログ
毎日書くネタってそれほどないね。
かといって時事ネタについて語るほど,バックグラウンドや俯瞰的客観的な視点が保てるとも思えない。
by phys-can-tell | 2012-07-25 23:53 | ブログ

今日の,クーラー効いてても窓際は焼ける。

・ももくろ

ももいろクローバーzというアイドルグループ。
人に勧められたが,そういうものはいつも先に見つけられたことを認めたくないプライドが邪魔する。
もともとアイドルなんてユニゾンで個性と多数のメリットもなくした顔だけの存在としか思ってなかったし,そういう場合はなおさら,その場でイイネ!とはいえない。ハルヒもひぐらしも,アニメなんてプゲラwからこっそりチェックした。
そこでこれも一人で後から確認することになる。

前段階の知識としては,ドラゴンクライシスのEDで知ってひどい曲だと思い,モーレツ宇宙海賊のOPはわりと好きだった。

……全くアイドルっぽいかわいさがない。少なくとも好みの子はいない。しかし注目したのは,動画の振り付けがどう見ても女の子がやる類のものではないことである。
激しい上に品を少しも重視してない。歌をそれに合わせるものだから,ライブということを差し引いても全然うまく聞こえない。
だが,本気でやってることだけは伝わり,一曲見る間に保護者目線で和む。これが正しい鑑賞かは分からないが,とにかく気になるグループの一つにはなった。



帰りにCD借りてきたら通常版と特典付きのほぼ同じのだった……

それはさておき,YouTubeのライブ音源を聞いて,CD音源を聞くと,きれいなはずのCDがなんとなく物足りない。
編集され,きれいに整えられたものよりも,ライブ等でその場その場一生懸命歌われた曲の方が価値があるな,そう思ったのは始めて。
ちなみに,緑推しです。

わりと気に入った曲を調べたら,ヒャダインこと前山田健一作曲のが多かった。麻生夏子の曲でもいいなと思ったのは前山田作曲が多かったので,作曲家繋がりで曲を探すと自分好みのがみつかりやすいのかもしれない。


・トータル・イクリプス

今期の戦闘ロボ枠のアニメ。
マヴラヴというこのシリーズ,ホビージャパンで断片的に仕入れた知識しかない。だが,鬱展開が多そうなのはなんとなくわかっていたので期待していた。
ちなみに見る前の思い込みは,空をとぶおしゃれ気味なロボが誰がデザインしたのかわからないような非現実的な気持ち悪い敵と戦う,スーツは胸半見え,という間違ってなかったもの。

作画はあまり動かないものだったが,友人全滅でちょっとツボにはまり,原作(というかトータル・イクリプスが外伝)のマブラヴオルタネイティヴをネタバレする。
けっこうグログロで,ネタバレだけでお腹いっぱいになれた。いい設定だ。
PCゲームは時間がかかるので,小説を読みたい。

あとはメカが見分けつかなくて困る。
ガンダムとかは色と見た目とパイロットの個性で識別してたな俺。
未だに現役米軍の戦闘機よくわかってないし。サンダーボルトみたいな主張するやつじゃないとその他大勢になる。
敵が気持ち悪いのも,もひとつメカの購買意欲がそそられなくてもったいない。


余談
今日見たこれ(RIOBOT 継衛)がマヴラヴのロボの戦術機に見えた。今はなんでも戦術機に見える病だな。

伸ばすと82センチになるらしい砲身に笑ったが,ちょっと欲しい。


・アフィリエイト

さりげなくリンク貼ったりして見てるが,アフィリエイトでお金稼ぐ俺,すごくね!?の域。
むしろめんどくさくてその内忘れそう。
by phys-can-tell | 2012-07-25 00:01 | ブログ

今日のラーメン食べたい

・LaTeX

数式や図の挿入ができるようになった。
というか怖がりすぎてただけで,一日いじってたらなんとかなりそう。
それっぽい文章が出力できたときはやはり,純粋なうれしさがある。
ものがすぐ出てくるのがなかなかのニンジンになっていい。


とある飛空士への追憶

奇をてらわずになおかつ新しさをもつ。
最後の部分は恋愛が成就して欲しいと思いつつ,でもここで世のために別の道を歩いて行くのが理想だというふうに読者へ葛藤させる。

続作のとある飛空士への恋歌を読んでるが,こちらは復讐と今を生きることの対立がテーマか。
5巻あってサブキャラのエピソード等引き伸ばし感の分,追憶が優勢。
もしこれがちゃんとした伏線なら後で謝ろう。

・東方

ニコ動で音楽は親しんでいたが,実際ちょっとやってみると,弾幕よけれない。
画面を広く見て,自分のライフや必殺技の残弾数,相手の位置,弾幕の軌道その他を把握するのは慣れがいるのか。
それとも,スマブラでレバガチャでしか勝てない人にはきついのか。
by phys-can-tell | 2012-07-24 00:19 | ブログ

今日の飲み飲み

・LaTeX

やろうやろうと思ってたのを後輩へ渡す資料の見栄えをよくするために挑戦。
美文書作成入門というLaTeXのバイブルみたいなのを書き写すだけだが,きれいなpdfが出力できたときはやはり少し感動した。
当初の目的である,数式を簡単に書けるようになるというのはまだ遠いが,さしあたり参考文献だけそれらしくかければいいかなと。
ワードで卒論書くのは避けられそう。


・インセプション

今更見る。
混乱した,とかよく分からなかったという声を公開していた時に聞いたが,自分はそれほど。
単に分かった気になっているだけなのかもしれないが。
B旧映画好きを自認してたが,こういう金のかかった娯楽映画はもっと好きかな。
ディカプリオはキムタクみたいに"何やってもディカプリオ”という連鎖から断ち切れてるのがいい。
外見を変えるのを厭わない,役者が本分の人だと思う。


・寒い

ので鍋。
きちんと調べてカツオを昆布の合わせだしをとってみる。こんなに鰹節つかうのね……とコスパが悪いように感じるも,それあってのことかおいしい。
鍋が終わってももったいなくてウドンにして卵とかして飲んだ。


・酒

バーに一度行って以来,お酒に一時的興味が。
バーテンダーだけど質問ある?
も背を押す。
スーパーで買えたアマレットとマンゴ-リキュールで適当にカクテルを作り,昼から酒。
道具とかを揃えてあとで仕舞う場所に困るパターンが見える。
オシャレ空間でない自室では,相手が映画やテレビとなり,会話が欲しい。
ウィスキーは未だにうまさが分からず。ピーナッツチョコはうまさがわかった。
二重の食感と甘過ぎないのが大人なのか。
by phys-can-tell | 2012-07-23 00:39 | ブログ