<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

携帯電話をiphoneに決めた6つの理由

ライフハック風のタイトルは一度やってみたかっただけ。

帰省したのを機に,カシオの63CAから iphone 4sau版に携帯電話を変更してきた。

かねてよりスマホが欲しかったのだが,その理由は下の通り。

1.ガラケ(というより主に63CA)への不満
打鍵後,実際に画面が変わるまでのタイムラグが長い。頻繁に行われる時刻合わせの時などは,明らかに処理速度が大幅に落ちる。
カメラケータイであるはずなのに,マクロが弱く,また撮影時に各種設定をいちいち調節しないと各々のシチュエーションにあったきれいな写真が撮れない。
学習中にネット検索しても,理系文書にありがちな数式表示が弱く,文意を汲み取れない。

2.みんなもってる
大学生なので,機種変更の頻度が高く,またある程度の経済的余裕も出てくるのでパケット料金等も機にせずに使っている人が多い。
12月時点でまわりで使われている携帯のほとんどがスマホになっており,ガラケを使うのが恥ずかしい状態になってきた。
メールやセミナー登録,スケジュール管理等就活でも必須であるということがわかった。
スカイプに地図閲覧や移動時の乗り換え検索,近くの飲食店探しなどにおいて,その便利さを痛感した。

3.ネットの影響
はてなブックマークやtwitter上でさかんに,アンドロイドやiphoneアプリ,それらを使ったライフハック等のエントリが書かれ布教された。


そして,au版のiphone 4sにした理由は,

4.前からのキャリアであり電波のよいことは分かっているauで,信頼のおける機種が出た。
実はレグサホンにも心惹かれた次時期があったがレビュー及び友人をみるととても実用に耐えないと判断して見送った経緯がある。
それが今回,ソフトバンク版のiphone 4s,3Gsの使用感を友人のもので確認し,綺麗な画面,使いやすいカメラ,授業中のちょっとした調べ物やpdfファイルを閲覧できることなどに魅力を感じた。
電池の持ちやサクサク感などの総合バランスに一番優れている機種であると感じた。

5.憧憬
twitterを始めた2009年夏に,TL上の人々が次々とiphoneを購入し,iphoneでつぶやいてるのを目の当たりにして憧れのようなものが刷り込まれた。

6.アップルブランド
友人に熱烈なマカーがおり,さかんに有用性をアピールしてくるのと同時に,自分自身もウインドウズパソコンに不満点を感じ,アップル製品というものも試してみるかという気持ちになった。
さらに,音楽プレーヤーも今まではウォークマンを使っていたが,ハード面は申し分ないもののソフト,特に管理するソフトウェアであるXアプリに非常にいらつきを覚えており,他に乗り換えれるならば乗り換えてみたかった。

以上が主である。
若者らしくまわりの影響というものも大きいなという自己認識。

今週中にレビューエントリを書きたい。
[PR]
by phys-can-tell | 2012-01-09 01:15 | ブログ