人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2010夏アニメ感想

気がつけば秋アニメになってた。
アニメはとりあえずチェックというのはテレビ、ドラマ大好き!なのと同類でいいカモだなと自分で思う。

「みつどもえ」
期待度は一番だったけど、無難だという印象。
4コマ系は新キャラ、心情変化等の前の話からの進展を感じさせるものがないとマンネリ化する。


「伝説の勇者の伝説」
厨二でよい。
アニメとしてみると、戦闘もしっかり描写されていたし、動かずにセリフだけのシーンが少なくて飽きない。
話としても、各キャラクターが徐々に変わっていく様子が適切な時間間隔で表現されているのが良いと思う。
実は夏で一番面白いのではないかと。

原作を少し立ち読みすると、一冊の情報量が少ないわりに巻数がたくさん出ていて、買うか迷っている。


「学園黙示録」
1話はB級映画のようで新しい表現だと思ったが、その後の話にてリアル志向の設定とキャラクターの物語的な行動が矛盾しているような。
丸投げのラストはどうかと思う。


「オオカミさんと7人の仲間たち」
印象が薄い。
ナレーターが目立ち、自分の視点も神視点となりどのキャラクターにも感情移入しにくい。
ナレーター自体はニコニコのコメントやキャラコメンタリーのようで面白い。
だけど、それは誰かと一緒にアニメを見ているのと同じ面白さであり、そっちに意識が移りがちになる。
なんでも一回目は普通に一人で話として体感して、人と共有するなら二回目以降がいいと感じる自分にはそこが問題だった。


「屍鬼」
テーマがよく分からない。
怖がらせたいのでもないし、成長でもないし、推理でもない。

夏だからかゾンビやオカルト等のホラーものが多かった。
しかし、アクションお色気やらネタコメディやら人間ドラマやらで実質ホラーはなかった。
一回アニメの本格ホラーを見てみたいような。


「生徒会役員共」
延々と似たような展開で変化に乏しい。
ツッコミキャラクターの存在はボケを発展させる点に尽きると思う。
だが、この話では普通にボケに言及する程度であり、漫才というより日常会話に近い。
その程度のツッコミなら劇中ではスルーさせて受け手に突っ込ませる方が引き込まれると思うのだが、普通のツッコミをキャラクターが受け手より先に行なってしまうことでそのやりとり全てが重要度の低いものとしか認識できない。


「アマガミ」
少し見る。
主人公が共通でヒロインが数話で変わる特性上、ニヤニヤ系というよりは主人公に嫉妬する感情の方が強く出た。
ただ、よくあるハーレムで誰ともくっつかないにぶすぎる主人公の話よりはよっぽどいいと思う。


「ハートキャッチプリキュア」
途中から。
グリグリ動く。
話としてはよくある「その回のキャラ導入→問題→敵キャラ登場→変身→敵を倒す→まとめる」といったもの。
夕方アニメよりアニメとして上だと思うし、偏見で見てこなかったことに対しては反省。


「スターウォーズ クローン・ウォーズ」
途中から。
アニメというかCGで、けっこうクセの強い絵柄なのだけど、2話くらい見ると大概の絵柄は慣れてどうでも良くなる。
話自体はプリキュアと似たりよったりだが、導入はナレーターに任せ本編は戦闘メインでCGが存分に活用されている。
そのため娯楽としてはこっちの方が何も考えずに「主人公頑張れ頑張れほら勝った!」となれる。



・その他アニメ

「ブラックロックシューター」
戦闘シーンは動きがあったもののセリフやら音楽があまりなく、盛り上がる部分ではない。
友達になる過程、なったあとの楽しい日常、親友が違うクラスになり他の友達との絡みが増え自分から離れてしまうのを寂しく感じるといった様子は胸が痛くなるもので十分共感できた。

オタク化はともかく金銭的に持たなそうなのでフィギュアとDVDだけは買うまいと思っていたが、これはホビージャパンの付録なのでセーフ、と思いたい。
by phys-can-tell | 2010-10-21 22:56 | アニメ