<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春アニメ感想その2 「Angel Beats いちばんうしろの大魔王 迷い猫オーバーラン 四畳半神話大系」

一応完走した春アニメ達。期待値は高かったがも一つだった。

「AngelBeats!」

展開が速すぎて微妙。絵がきれいなだけでは、別に泣けはしない。
でも天使ちゃんだけはマジ天使。

長門、天使等、無口キャラが人気なのは、無条件に自分を好いてくれているという前提のもと、裏切られる心配もなく、反抗もせずに自分に従ってくれると思えるからだろうか。たぶん現実的な無口は、協調性が高いけど本当は何を考えているかわかりにくいような人だと思うが。


「いちばんうしろの大魔王」

最初の方はハーレム系のライトノベル原作アニメとして面白かった。
各々のキャラクターがしっかり立っていて、お約束を分かった感じであったが、途中から主人公が悟って語りだし、なんか殴り合いで終了。理解者の死亡と崩れ行くステージからの脱出。
たぶん、このアニメの後半を見ているような人は、前半が面白いと思ったからこそ見続けるに至ったのだとおもうのだが、そこに前半と全く違う物語調の展開を入れるのはどうかと。やっぱり裏切ったとかオナニーだとか言われても仕方が無いと思う。

個人的に気になったのは、最初に出会った青髪でなく後から出てきた赤髪がメインヒロインだったこと。そういう演出もありかなとは感じるが感情移入としては最初に刷り込まれて可哀想かなと思った。必然性を出すには小さい頃に出会っていた、世界の運命を変えることのできる唯一の人間、というだけで十分かと思うのだが、青髪に全く落ち度がない以上、同情してしまう。


「迷い猫オーバーラン」

歌は好き。
各回の位置づけがよくわからない。
堀江由衣の委員長とか腹黒金持ちとか別にいらないと思った。もっというと主人公の男友達2名と主人公の姉も微妙。優柔不断だが優しい主人公を女の子3人が取り合う感じでいいのではないか。いっそテンプレ萌えアニメとしてそんなのも見たい。


「四畳半神話大系」

面白かったが6話くらいでまとめられたと思う。長くて途中エンドレスエイトみたいに飽きた。あそこまでひどくはなかったが。

あと、主人公目線過ぎて他の登場人物がそれほど魅力的に感じなかった。どの人も本性を隠している様子で、主人公とは上辺だけの関係ように思える。
[PR]
by phys-can-tell | 2010-07-03 17:19 | アニメ

「WORKING 閃光のナイトレイド 荒川アンダーザブリッジ」 春アニメ感想その1

春アニメの感想をぼちぼち書いていきます。

「WORKING」

マイランキング今期ベスト3。日常系で、原作は四コマ。

アニメは13話1クールでひとつの作品となるものだが、リアルタイムに視聴するときには1週間ごとにぶつ切り、さらにCMやOP,EDでこま切れにされている。2,3分の中断ならば大丈夫だけれど、さすがに1週間とか間隔が開くとその連続性は小さいものとなる。
子供向けのアニメを考えてみると、大体が一話完結のものになっている。ヒーロー物も同様。子供にとっての1週間という期間はとても長いものであるから、主流になっているのだと思う。
同様に、たとえ1年が非常に短く感じる年齢層向けであっても、アニメの不連続性は如何ともしがたい。
だから、アニメは媒体的に四コマ漫画のように小さい話の積み重ねで物語が発展していく形と相性がいいと思う。

ライトノベルを原作とするアニメで大ヒットしたものが少ないのは、そもそも1巻単位で作られた物語を無理やり1クールや一話に切った張ったして入れているからだと思う。たぶんベストな長さはハルヒのように数話で1巻分だと思うが、そうなるとやはり1話1話をどう区切ってつなげるかが大事になる。私自身としては、1話内の断片化をできるだけ防ぐため、前後の週のつながりを意識してもらうために、OP前やED後のパートは削るべきだと思う。OPは記号としての物語の再開、EDはセーブだと思う。

やっぱり本が好きなのは、自分のペースである程度まとまった話を消化できるだろう。


「閃光のナイトレイド 」

なにも印象に残らない。地味すぎた。
歴史の裏を能力者が暗躍し、核爆発を防ぐ、と書けばありがちながら面白そうな話だと思うのだが、各キャラクターに全然思い入れができなかったのが原因か、ふーん、頑張ってるな、という感じ。自分と全く関係ないスポーツの、他国同士の試合を眺めているのに近い。
現実では人は簡単に死ぬものだと確かに思うものの、物語中では死に対してなんらかの意味を付ける必要がある。そうでなければ退場させる意味が無く、せめて他のキャラクターに影響を与えるくらいはして欲しかった。


「荒川アンダーザブリッジ」

結局主人公が変わっていき、周りの人達の秘密が少しずつ明らかになる、それだけだった。
ギャグに徹しきれている分、同じ原作者ならば聖おにいさんの方が好き。ただ、こちらは宗教という常識に裏打ちされた設定とキャラクターがあらかじめ存在しているの一種のパロディなので、ずるいとは思う。




夏アニメは「三つどもえ」が楽しみ。

あと、なんか下に広告が出るようになったけどアフィリエイトとかではないです。
消し方がよく分からない……
[PR]
by phys-can-tell | 2010-07-02 19:32 | アニメ