<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

映画「アリスインワンダーランド」 ネタバレ含む感想

3Dで観てきた。
結論は、アニメーション版の方が好きかな、というもの。
不思議の国は現実なのか夢の世界なのか、そのへんがあやふや。

アニメーション版で話の筋を知ったのでそれとの比較になるが、実写という試みには向いていないお話であると思う。
原作やアニメーションは児童向けのものであり、昔話に近いものだと捉えているが、児童文学等の子供向けの作品にはそれ独特の流れがある。(けなしているわけではないのでご了承を。)
子供視点で見られることが前提のため、登場人物に迷いが少なかったり直感的に状況を受け入れたりとそれほど心情描写や葛藤が多くない。
この映画ではある程度それも描こうとはしていたと分かるが、私が見たときとその直後にはやはり違和感があった。
「なんで怪しい薬を飲めるのか?」→夢だと思っているから では納得出来なかった。
夢の世界の表現としては、ジョニー・デップ等見たことのある俳優が出たり、ロード・オブ・ザ・リングを彷彿させる戦闘シーンがあったりと抵抗感があった。
実写では「不思議の国」がどうしても現実と地続きの作り物、それこそアバターのようにどこか接点がある物であるように思えてしまう。

ストーリーにも少し、不満に近い疑問がある。
赤の女王が敵で、白の女王が味方なのだが、夢にしては人間臭い。
顔の大きさへと愛されなかったことへのコンプレックスと繊細さのある赤の女王にも同情出来る点がある。
白の女王には魔女っぽい動作を見ることもあったし、腹黒に思えた。殺生はしないというのも、優しさではないことが拷問に近い罰を姉である赤の女王に下していることでわかる。
おとぎ話なのだから、遠くに吹き飛ばして(バイバイキ~ン)うやむやにしたり、完全に許して改心させてもいいと思う。
だが、その前のシーンで処刑やら生首の描写を入れることで妙なリアリティが出ている。
白という色は正しさの象徴なのかもしれないが、人間が化粧して白い肌にしている場合、何かを塗隠している胡散臭さが出る。今の技術ならキャッツのように完璧に塗り隠すことができるはずなのでそういう意図があったと思える。
このへんが、へたに全年齢層向けといった細工に感じられて余計。

ハッター(ジョニー・デップ)が本当に存在する違う世界なのか、童話に出てくるワンダーランドなのか、はっきりしてほしかった。
夢なら動物の恩返しも微笑ましくていい。リアルなら社会構造をもっと知りたい。

最後の現実世界に戻ってからも、微妙な容姿の貴族の求婚を断って自立していくアリス、というのも好きではない。
そこは「見た目ではない」とかなんとか学んで収めて欲しかった。
女性の独立とか型にはまらない人が活躍できるといったことを押し付けるには、最初の部分とそぐわない。
「少し変な子」という立ち位置だと捉えていたアリスの人物像が崩れて、置いていかれた。

この映画の立ち位置は「子供向け童話の実写アニメ化であり、娯楽作」なのか「大人も見る価値のあるちょっと考える作品」なのかの立ち位置が自分で分かっていない映画であるというのがまとめ。
映像と擬人化動物のコミカルさくらいしか面白いと思えなかった。


※追記

どうやら映画自体は「不思議の国のアリス」の続編という立ち位置らしい。
劇中で「君は変わった」とか「あのアリス」とか言われていたのに気がつかなかったのは私の理解力が足りなかったからだと思うが、言いたいことは変わらないので上の内容は変更していない。

参考 映画公式サイト
[PR]
by phys-can-tell | 2010-04-25 00:05 | 映画

コンタクトレンズ

コンタクトに挑戦してみた。

弟がなんども挑戦しては断念を繰り返していたので、やたらと困難な道のりだと思っていたが、一回の受診で入れることができた。
しかし、まだ表裏の区別が微妙。メガネ外して見ているのでさっぱり。

覚悟していたがつけるのにはまだまだ時間がかかる。
目が細いのと、逆さまつげとやらのせいなのか、未だに15分ほど。
というか、コンタクトの直径の方が目の間隔より大きいのだもの、しょうがないと一人納得。

つけてみた感想としては、思ったより大したことないなと。
運動のしやすさもあんまり変わらなかったし、視野もそれほど広がった感はない。
メガネにしろコンタクトにしろ、付けてると基本存在を忘れるので普段使いにはどっちでもよい気が。

けど、久しぶりに自分の素顔を見たときはちょっと驚いた。起床したらメガネをかける習慣だと、かけた姿が自分の顔だという認識なので、誰これという感じ。
漫画みたいにイケメン登場、とかになれば嬉しいが、まさに他人といった様相で違和感バリバリ。
よくある「この人メガネからコンタクトにしたんだな」という判断は、鼻の跡というよりは日焼けの有無。目の間が妙に白いのがそう。

湯気がつかないのが一番のメリットかなと思う。
お風呂で感動。よく見える状態での入浴なんて久しぶり過ぎてやばかった。

結局、激しい運動以外は外見的な長所が大部分。
まあ、外見をそれほど気にしない既婚中年男性の大部分がメガネ派なのを見ても当たり前だと思うが。
[PR]
by phys-can-tell | 2010-04-03 15:40 | ブログ