カテゴリ:未分類( 4 )

ゲームマーケット2016春

e0190576_22131308.jpg
今年も参加してきた。

今回は目玉と思えるようなものが事前に見出だせず、早く行くか迷う。
ボウザさんの外人ダッシュも多く作ったと聞いたのと、中古ブースが圧倒的に少ない。
同人も予約したし、商業は大プッシュがそこまでないように感じた。
まぁお祭りだからということで結局8時に国際展示場駅集合でおかえりさんと並んだ。

5月らしいいい天気で、普段屋内でゲームばっかりしている分皮膚にここぞとビタミンEを生産させる。

10時入場開始。
初手は床売のバザールへ。結果的にこれが吉と出て、他に行くより欲しいものが手に入ったように思う。

場内はそこまで歩きにくくもならず、スタッフの数も増えていて少し混んだらすぐ整理されたりと改善されていた。

あの大量の若い女性の売り子さん達は普段どこでゲームをしているのだろうか……

11時頃床売第2弾を見て、お昼に。店員さんが面白いキッチンカーのケバブ丼を食べた。
結構並んでいたので、早めに行ってよかった。

そして中へ戻り、予約と頼まれ物の回収をして昼過ぎに撤収。




戦利品

e0190576_22132491.jpg
小箱編。左上より右へ。

・小人さんのやさい畑

前回評判が良かったので購入。


・小人さんの聖剣工房

同サークルの新作であったので抑える。


・トリックオブチキン

トリテ枠。500円ゲームズ。


・トゥエルブヒーローズ

同人作家で数少ない信頼している作家さんがデザインなのと、絵がドミニオンの人なので予約購入。
楽しみ。


・トリックオブスパイ

カワサキさんがトリテを作ったということで、マストバイだなと。


・ペロポネソスカードゲーム

中古。ボードゲーム版が好きなので。

あとはニューゲームズオーダーのフードチェーンマグネイトのチラシがよかったのでもらってきた。


e0190576_22132433.jpg
大箱編。

・ラチッタ

随分前にやって以来、ずっと欲しいと思っていたのがちょうどあり、即決。


・コロッセウルム

最近キックスターターでリメイクが決まった、W.クラマーの作品。


・カッラーラ

よいファミリーゲームらしい。ハンスイングリュックなので購入。


・チューリップマニア

本日の箱買枠。面白いといいな。


・長蛇の列(万里の長城のポーランド版)

クニツィアの名作リメイク。よりテーマに合ってるので評価が高い。




当日ゲーム会


せっかくなので、おかえりさんとその知り合いでイエサブに行き、買ったゲームを片っ端から遊ぶことに。
以下3人で遊んだ感想。


・6ラホマミキサー
e0190576_22132336.jpg
大気圏内ゲームズの新作。

ちょうど良いタイミングの時にいい感じの手札がないと得点を得るのが難しい。
表記時間の割に終わるまで長いと感じてしまった。


・ロード・オブ・ザ・オウルズ・リング

なんというか、こういう遊びも世の中にあるのだなーとちょっと感心したものの、楽しかったかと言われるとそうではなかった。
お母さんと子供が一緒にやる戯れに、ルールを明文化してみましたといった感じ。


・ヒゲダンディ
e0190576_22132367.jpg
自分のひげの推理根拠がなく、辛い。


・小人さんのやさい畑
e0190576_22161406.jpg
野菜を植えて、動物に食い荒らされる前に育てて収穫することを目指す。
軽くてよい。4人でやるとより畑がキツキツになってゲーム性が高まるのではないか。
もう一度やりたい。


・ゲームズオブトレイン
e0190576_22161441.jpg
GPから出た商業ゲーム。同時進行するパズルみたいなもので、電車を全て降順から昇順に入れ替えるのが目的。
新しくカードを引いて入れ替えたり、場のカードを特殊カードとして使用し動かしたりなどで頑張る。

同人を立て続けにやった後にこのゲームであるので、やっぱり編集の力は偉大だなと感じてしまった。


・小人さんの聖剣工房
e0190576_22170858.jpg
キューブを小人さんに見立て、小人を左右に派遣して材料を集め、小人さんを素材に伝説の聖剣を作るゲーム。
特殊カードも3種類くらいの素直な効果とその色違いみたいなのばかりで、手堅い。

読み合いや長考が発生したくらいなので、ゲームとして悪くはないが12ラウンドは長かった。
4人でやるとあと4ラウンド増えるのかと思うと、流石にしんどいかな。


・カルタゴの商人
e0190576_22172316.jpg
商品カードをお金として取るか、貯めたお金で全部買う。
買うと対応する船が進み、カルタゴに付けば最大の金額×枚数分の収入(を5の倍数に切り上げ!)。
ちょっとしたボーナスが貰え、それが8つ貯まると終了。お金の多い人が勝ち。

カードの枚数といい、終了条件といい美しさがあった。
本日のベスト。



雑感


ヘビーゲーマーになるほどゲームマーケットは行くメリットが減るなと思った。

同人作品は多数がパーティー寄りであったり、「短時間で高度な心理戦!」みたいなものが多く重ゲーを好む人にはノットフォーミーになってしまう。
またバランスがイマイチであったり、正直クソゲーでハズレだと思うことも多く、いろいろ学ぶとあまり買わなくなる。
私も最近は、前回評判であった作品であったり、破錠しにくいシステムであるトリックテイキングを中心にしかチェックしなくなってしまった。

今はその後店頭でも取り扱う場合も多々あり、限定だから行かねば、という焦燥感は薄くなった。これはいいことでもある。

あとは個人的に、同人で取り扱われるテーマに惹かれないというのもある。
中世の商人やファンタジー世界で陣取り、みたいなのの方が馴染みがある。

それでも、多数の試行が生まれる稀有な場であるので、ここから名作が羽ばたいて欲しいという少し矛盾した思いもある。


商業ゲームも、メーカーがセールするもので欲しいものは大体既に手に入れていたりするため、あまり買うものがなくなってきた。

中古はまだ魅力的だけども、それもほぼほぼ揃えたらもういいのかなーとなる気もする。

自分が何を求めて行くのか、次回以降少し考えたいと思う。


[PR]
by phys-can-tell | 2016-05-05 22:24

ゾンビサイド シーズン3 キックスターター

e0190576_19372627.jpg
e0190576_19372667.jpg
ゾンビサイドについては過去記事も参照してください。

協力ゲームでは一番のお気に入りのゾンビサイドは、拡張が出ている。
一番最初の赤い箱はドラマの1期になぞらえてシーズン1と呼ばれている。
シーズン2は独立拡張のプリズンアウトブレイク、そして拡張のトキシックシティーモールである。

今回シーズン3が新たに出るということで興味がわき、キックスターターとやらに手を出してみた。
もともと結構高いものなので、普通に買うのとほぼ同じ値段ならば最速で入手でき、おまけもたくさんつくというメリットは捨てきれない。
はじめてのキックスターターだったが無事期間が終了したので覚え書き程度に記しておきたい。


キックスターター(kick starter)
そもそもキックスターターとは、アメリカのサイトであり、個々のプロジェクトに対してファウンディングをする場のことである。
誰かが素晴らしい物を売り出したい、作りたいと思っても資金が足りない、そんなときにキックスターターは利用される。
そのプロジェクトがどんなに素晴らしいものかをアピールすることができ、そのページを見た人に出資を呼びかける。
プロモーションから是非それを実現させたいと思った人が少額づつファンドする。
そして目標額までお金が集まると、プロジェクトにゴーサインがかかるというわけである。
なお、期間内に達成できなければ出資金は全額払わなくてよい。

キックスターターについてはGIGAZINEが参考になった。

ファンドすることを日本では、キックスターターだけに"蹴る"とか"キックする"という風にいうことが多い。
英語では"back"、キックした人のことを"backer"と呼称する。
キックするにはアメリカアマゾンのアカウントがあればよいので便利である。
送料やオプションの支払いにペイパルを使うこともあるのでそれらは事前に確認しておくこと。

キックスターターでは映画や芸術の支援のようなプロジェクトもあるが、今回のゾンビサイドのようにある製品を世に送り出すための資金調達が多い。
どちらにせよ、出資者は出資金に応じて様々な特典がもらえる。
もちろん純然たる支援として寄付することもできるが、一定額だせばその製品が生産されれば真っ先に送り届けますというのが基本で、ファンド額によってコース分けされていることも一般的だ。
100ドル出すと製品1つ、150でオプション付き、1000出すと説明書に名前が乗るなど。

今回のゾンビサイドではシーズン3の独立拡張だけ、独立拡張と拡張のセットの2種があった。
それと初期にキックした人は10ドル安くなるコースもあった。

出資をよりたくさん集めるために、累計額がある値を達成すると出資者全員に特典がついたり選択肢が増えたりする"ストレッチゴール"の存在も特徴的だと思う。
つまり、ボールペンを作りますというプロジェクトでトータルの目標額が100のところ、110いけば全員に替芯が付きます、150でもうペンをもう1本つけます、200で赤のインクの販売も開始することにしました、みたいな感じである。
お得感をあおると同時に、限定グッズを付録とすることで出資者は特別だぜ、一般購買者とは違うんですよとキックした人を満足させるようになっている。

もちろんリスクもあり、目標額を達成したとしても出資はあくまでも出資であり、プロジェクトが完成するかや製品が本当に送られてくるかは保証されていない。過去に達成した後きちんとやりとげた実績があるかや、すでに見本があるかなど自己責任で判断することが重要である。
それと、完成したとしても期日を遅れることは非常に頻発し、むしろちゃんと発送されることのほうが少ないそうなので長い目で待てるかという点も考えておきたい。
アメリカのサイトなので日本に送ってくれなかったり、最低6個単位だったりすることもあるのできちんとチェックする必要がある。
送料が割高の場合も多いので、共同購入を考えても良いかもしれない。


ゾンビサイドシーズン3
ゾンビサイドのキックスターターについて、私は人のツイートで知った。
ゾンビサイドそのものが、シーズン1からキックスターターで作られていたとのことで、シーズン3も当然ここで募集する。

最初はその値段に躊躇していた。
シーズン3の独立拡張ルーモルグ(Rue Morgue)と拡張のアングリーネイバーズ(Angry Neighbors)合わせて基本金額が150ドルである。
それにこの大きな箱と重さに対する送料がかかるので200ドル弱はいるだろうという計算になる。
200ドル、日本円で約2万円は大金であり、他のボードゲームが何個も買えるということが頭をよぎる。

が、ほぼ確実に外れでないという点、新たな種類のゾンビが魅力的であった点、そしてストレッチゴールの多彩さにキックすることを決意。
ボードゲームは手に入る時に買わないと後でプレミア値が付いたりそもそも市場に出回らなくなってしまうことも多いので、後悔するなら手元にあるときにしようという所存である。


キックした時点ですでに、開始から数日が立っており800,000ドル(以下800kドルと表記)集まっていて目標額はクリアしていた。
というか、数時間で達成していたらしい。すごい。
ゾンビがたくさんとキャラクターも4体程度、ストレッチゴールの特典として確定していた。

ここからほぼ毎日、ストレッチゴールを達成するごとに次のストレッチゴールのアナウンスがメールで届き、また新しいルール・コンポーネント・ゾンビについての説明も時々届く。
キックしてみて一番楽しかったのはこの点で、どんどんもらえるものが増えていく感覚はなかなか他では味わえない。
そしてどんどんゲームについて知ることで、早く遊びたいとわくわくすることができた。


商売としても、オプションに出てくるキャラクターはどこかで見たような人たちで欲しくなるし、ドアやトークンが豪華になるセットも欲しいと思わされ、うまいなーと感じた。
私自身もバイオハザード3の衣装のミラ・ジョヴォヴィッチとエクスペンダブルズに出てきた格好のスターローンのオプションは買ってしまった。他にも特攻野郎Aチームだったり、アメリカの人気ドラマだったりとゾンビにとらわれず様々な人物が売っていて、だいたいがキックスターター限定であることも加え、多数購入してしまった人も多い模様だ。

正直目標額の達成は見えていたわけで、それでもこの額に設定しキック特典をたくさん公開して付けていくやり方は非常にうまいと思う。
そして本当に楽しませてもらったという気持ちが強く、エンターテイメントとしても優秀だった。

特に終盤、一気に12体のフィギュアと新ルールがリストに登った時は、キックした人誰もが欲しい!2,000k行ってくれ!!と祈ったことだろう。

あと一日というところで登場したダイスタワーは、わりと大きなものでこんなの配って採算とれるのかと驚く。

そして最後に出てきたキャラクターは、ストレッチゴール達成するかどうかギリギリで、朝メールを見て到達したことを知り、終わったのだということとそれを祝う気持ちにさせられた。


最終的には2,849,064ドルの資金、12,011人の出資者という素晴らしい結果となった。
ボードゲームに2億円近いお金が集まるという事実、そしいてミリオンというインパクトはすさまじい。

大体平均で1人230ドルくらい出資したことになるので、オプションがたくさん買われたのだろう。
つまり、利益率の高いものが多く売れたと推定されやはり商売上手だと感じさせられた。


戦利品
最終的私が手に入れることになるものは、

・ルーモルグ 本体

・アングリーネイバーズ 本体

・VIPゾンビ(後述)1箱

・読書好きなメガネの女性が狂気の笑みを浮かべて火炎瓶を掲げているキャラクター

ここまでがストレッチゴールなしでの状態で、この時点で150ドル以上の価値があるように思う。
そして以下が増えていったおまけ達である。
e0190576_19372599.jpg
e0190576_19372668.jpg
(画像はキックスターターのサイトより引用)

・今までの全プロモキャラのボードが入ったパープルボックス
シーズン1や2のキックスターター限定だったキャラクターボードが入っている。
フィギュアを代用して使えるのでこれだけでもうれしい。

・スキナーゾンビ(後述)の追加
ウォーカー8体
ランナー4体
ファッティー2体
クロウラー8体
アボミネーション2体(うち1体はキックスターター限定のメスゾンビ)

・スキナーゾンビ(後述)9体

・カラスゾンビ(後述)5体
発生カード

・レイア姫っぽいVIPゾンビ3体

・某往年の有名歌手っぽいVIPゾンビ3体

・サンタらしき人物のVIPゾンビ3体

・ヴィレッジ・ピープルのようなVIPゾンビ4種8体

・ロストゾンビバイバーズ(後述)

なんかゾンビがいっぱい増える。
VIPゾンビなんかはキャラとして出しにくい人物もゾンビならいけんじゃね?な思惑が見えて面白い。


・映画レオンのジャン・レノ主人公っぽい植木鉢を持ったキャラクター

・セクシーな姉ちゃんのキャラクター

・白人コックのキャラクター

・目付きが鋭い怖い男性のキャラクター

・どっかで見たことがあるおっさんのキャラクター

・ハリソン・フォードらいくなキャラクター

・青色に血の赤が映える若者のキャラクター

・刑事物でいそうなマッチョ警官キャラ

・最後のストレッチゴールを飾ったひ弱少年キャラ

自分で使える人物が増えるのは、選ぶ楽しみと飽き防止になり、キックする一番の原動力となった。
ちなみにほとんどはゾンビ状態のフィギュアが別のストレッチゴールになっていたのだが全て達成されてしまった。


・黄色のスペシャルダイス6個
茶色のスペシャルダイス6個

・布製のバイオハザードマークが入ったダイスバック

・折りたたむと正方形になり、箱絵シールが貼れるダイスタワー

・バリケードフィギュア2個

・チーム分けカード

・VIPゾンビ発生カード

・特殊武器カード

・経験値デッキ

・マップエディターのアップデート

ボードゲームのユーティリティに加え、ルールの幅を広げるものを付けてしまうという男前さである。


そして自分でオプション購入する予定のもの

・犬フィギュアセット
・ゾンビ犬フィギュアセット
・カラスゾンビセット
ゲーム性が変わるものは入れてもいいなと思ったので。

・ミラ・ジョボビッチのキャラクター
・スターローンのキャラクター
限定だったので……

こんな感じで、嬉しすぎて送料の心配が募りつつあるという今現在である。
自分自身もオプションに70ドルを追加しているのでの平均230ドルに近い金額になってしまった。
まぁお祭りですよ。


新要素
シーズン3で加わった点について軽く。
現時点で分かる範囲で書くので間違っている可能性はあります。

・チーム戦ができるようになる。
今まで協力ゲームだったが、ゾンビのいるバトルフィールドでの対戦ができる。
いろいろな遊び方ができるのは新鮮さを保つのでいいと思う。

・チームアクションが増えた。
チーム全体が移動、射撃、移動して近接戦、みたいな行動を1アクションでできるようになる。
少し戦略性が増すのではと思うし、もちろんチーム戦でも役に立ちそう。


・NPCが出る
アングリーネイバーズでは、プレイヤーキャラではないが人間である。
シナリオによって助けに行ったり助けてくれるらしい。

・マップの追加
ヘリコプターがあったり、穴が開いていたり。

・経験値デッキ
ある武器を持っていると経験値デッキのカードをもらえ、使えるスキルが増える。強そうだが言語依存が少し増える。

・ロストゾンビバイバーズ
今まで味方のゾンビ状態として使っていたゾンビ化キャラフィギュアをHP5のボスゾンビとして使うもの。
倒すと好きな武器がもらえるらしい。
やはりゾンビものはゾンビなった家族やかつての仲間と言った存在がかかせないので今までなかったのが不思議なくらい。
ちなみに、ルーモルグにはキャラクターのゾンビ化フィギュアが付いてなかったのだがこのセットに入っている。

・スキナーゾンビ
ゾンビを倒した出目が6だった場合、クロウラーゾンビという這っているゾンビとして1回復活するゾンビ達。
倒すのにアクション数を多く必要とするため、地味ながら厄介。

・A-BOMBアボミネーション
腕が長く進化したアポミネーションというゾンビで、倒しにくいのはもちろん、その腕で隣のマスのキャラクターを自分の側に引き込む能力を持っている。
逃げにくく、準備しないと殺すこともできないので危険。

・シーカーゾンビ
しーカーゾンビの発生カードが引かれるたびに追加行動するゾンビ。
このゲームの死因は、量に押しつぶされるか追加アクションにより思わぬダメージを食らうことなので、強い能力だと思う。

・カラスゾンビ
一度に3マス何もかも無視してまっすぐ生存者の方に突っ込んでくる。
カラスの対処にアクションを割くことになるので難敵になりそう。

・VIPゾンビ
こいつだけはちょっと嬉しいゾンビである。
強さは普通のウォーカーと同じなので弱い。
が、有名人がゾンビなってうろついてるぜ!俺アイツを倒したぜいいだろー的なノリで5体集めると特殊武器がもらえる。
フィギュアの成型色が今のところウォーカーと同じっぽく見えるので混ざりそうな気がする。


まとめ
長々と書いたが、ゾンビサイドが好きな人なら確実に値段分楽しめると思う。
単純にキャラクターとゾンビの種類が増えるだけでもプレイにバリエーションが出る。
キックしてよかった。

届くのは2015年の2月予定とのことだが毎回遅れているらしいので5月くらいは見ておいたほうがいいかも。


そして、キックし忘れたけど特典欲しいと思ったら、8月10日まで以下のサイトで出資できるらしい。
キックスターターとは違うところなので詳しくは分からないが、これだけ見ると良心的。

※14.09.22追記
150ドルコースの日本への送料がデフォルトで92ドル、上記を加えると105ドル程度になった。
かなり厳しい金額で、当初のお得感も薄れてしまった。


[PR]
by phys-can-tell | 2014-07-28 19:39

9月28日ホビージャパンアナログ例会

秋葉原のロールアンドロールステーションで行われたホビージャパンのアナログゲーム例会に参加した。
15人募集でほぼそれくらいの人数がいて盛況だった。なんども書いているがやっぱ東京住みというのは大きなアドバンテージだと思う。

体験させていただいたゲームは以下。

・ブルーノ・フェイドゥッティのマスカレイド

クーのようなゲームで、自分の職業をはったりをかけて宣言し、その効果をもちいて一定以上のお金を集めるゲーム。大人数でやることが可能で、13人でやると役職が多彩、けっこう盛り上がる。

その後5人くらいでやるとこんどはがちで記憶とブラフ勝負になり、これはこれでよかった。

個人的には大人数でやったほうが勝ち筋が多彩で好きかな。


・バン!ダイスゲーム

人狼とキング・オブ・トーキョーを足したようなゲーム。
アウトローを倒したい保安官とその助手サイド、保安官を倒せばよいアウトロー、保安官サイドだが最後に保安官と一対一で対決して勝たなければならない裏切り者、の三陣営勝負。
ただ、保安官以外はみな役職を伏せていて、一応みな保安官サイドと言う体でいる。なので保安官を撃つと

味方なはずの人からもフルボッコにされたりする。

ダイスを振るわりとバカゲーで、矢の出目が出ると矢が刺さりそれが累計8本になるとそのダメージを負うというシステムのおかげで直接対決よりも矢でインディアンにやられる事が多かったw


・ピクトマニア

絵を早く、わかりやすく書きつつ他の人の絵がなんなのか考えるけっこう忙しいお絵かきゲーム。芸術の秋、ということらしい。

問題は書くテーマが「省庁」「県庁」とかややこしい一覧から選ばれることで、書き分けが出来なければならないのが悩ましい。

今までこういう絵を書くゲームはボードゲームっぽくはないなと避けていたが、これはパーティーゲームとして大人向けに悪く無いと思う。


・ウォルナットグローブ開拓史

自分の開拓地を広げ、立派なのを作るゲーム。これは収穫の秋、要素とか。
農地の拡大、点数の確保、ワーカーを増やす養うなどの要素がコンパクトに入っている。
食料や暖房の確保がきつきつで、いつ人を増やすか考えるのがキモかな。

今回はこれをやりたくて行ったようなものだが、まとまりすぎていて逆に自分には合わないように感じた。


・バグズと仲間たち

3つセットの虫の書かれたチップを早い者勝ちで神経衰弱するゲーム。
チップをどけたり自分の方に寄せておいたりすることが可能で、またそうした選別済みのチップをぐちゃぐちゃにする人がいたりとせわしなく楽しいゲーム。

虫の形が紛らわしくなかなか見つからない。また、必ずセットにならない虫が居るので早く諦めた方が高得点だったりする。
おてつきペナルティを考えると、じっくりやるのが得とは限らないのがドイツゲームっぽいなと思う。


次は明日10月5日に調布のあなに参加させていただく予定。
[PR]
by phys-can-tell | 2013-10-04 15:24

ボードゲームのポッドキャスト

ボードゲームの情報を音声的に得るために、ポッドキャストを聴き始めてみた。前やろうとしたときは面倒で途中で挫折したのに欲するとできるものだ。ポッドキャストは基本的にwebラジオというよりはyoutbeの音声だけ版に近い。ダウンロードもできるが、基本はストリーミングなので通信できることが必要である。番組が更新されたら自動で通知するところなどはRSSの要素もある。

聞くこと読むよりも時間がかかるので吟味が難しいと思う。そして、出てきた情報が文字でまとめられてないと検索性が悪い。

メリットとしては”ながら”が可能なところで、登下校や作業中に聞くことができる。間があるので文字とは違う笑いを感じる時もあり、ケースバイケースかなと思う。

聞いた中で面白いと思ったのは以下。リンクはそれぞれのホームページ。


ボードゲームおっぱい

タイトルからもわかるがゲスいポッドキャスト。だがそれがいい。
おっぱいを基準にボードゲームがどれくらいよいものかを点数化しているが、ボードゲームをいろいろ下ネタにもっていくのがうまい。一話でボードゲーム一つだが実際は半分くらいしかそれについて語らず、雑談が多い。男性なら面白いと思う。

特に良かった(自分に下ネタが非常に受けた)のは、ゲームマーケット2013大阪、もんじろう、ディビナーレ、がんばれかめくん、の回。パンツに開く穴についてここまで考察されているのははじめて見たw

ボードゲームの話が少ないようで、とりあげるゲームは欲しくなるところがやはり人気の証だろう。ただ現在結構手に入りにくいものの紹介もされているのが難点。


ふたりはボドキュア!

女性二人がテンション高めに視聴者の投稿に答える形の番組。
華やかで親身、かつ聞いていて楽しい内容になっていると思う。微笑ましい。「そうそうそうそう!」という相槌が気づくとうつっている。


ボードゲーム研究室

関西の方がされているポッドキャスト。
今回挙げた3つの中では一番まじめにボードゲームについて話している。新作やイベント、店舗に取材に行ったりと特に関西方面の情報が多い。ホームページに話題になったボードゲームをまとめてくれているのも親切。


著作権の関係で音楽は基本的にないが、興味がある分野の聞き返せる作業用BGM的な扱いでポッドキャストはわりとおすすめ。
[PR]
by phys-can-tell | 2013-09-30 16:18