所持ボードゲーム短評"な"~"ひ"

☆なまえをよんで(ナンジャモンジャ)
自分の好み(6/10)

めくった不思議な生き物に名前をつけよう。そして次に出た時にいち早く名前を呼んで自分の元へ誘うのだ。

早押し系のゲームだが勝ち負けよりも盛り上がることを楽しめるゲーム。良フィラーであり、良パーティーゲーム。2ランドやって1ラウンド目の名前で混乱しながらやるとよい。



☆6ニムト
自分の好み(5/10)

お手軽大人数バッティングゲーム。6番目のカードを取るのはウシのようなノロマだ、ということらしい。

初心者向けと言われているが、初心者でもボードゲームを求めている人に出すのはどうかと。頭がつかれた時の箸休め及び飲み会などにフィット。



☆忍者対戦
自分の好み(6/10)
e0190576_20005925.jpg
国産同人。強さの相性を考えてスタックを組み、連鎖を読みきって勝とう。

短時間2人用だが、運と判断により結果論感をなくしコンボを考えている感覚がある。絵も好き。



☆ノートルダム
自分の好み(8/10)

e0190576_20005918.jpg
カードを回して人を増やし、視察や寄付して名声を高める。ネズミが増えすぎるとペストになるので病院も大事。

やりたいことのできるできないの塩梅バランスがよい。気をつけるべきパラメーターがネズミ一つで、他は行き来できる。縛りの中で戦術を立てて最大限試行するゲーム。1時間以下で終わる。



☆ハイソサエティ
自分の好み(7/10)

成金が金持ちのステータスを揃えてセレブになるゲーム。支払いは小切手なので釣りはいらないのです。最後にお金が一番少ない人はもちろん真のセレブでないので無条件で負けとなる。

競り落としたい、でもお金はドベだといけないというジレンマ。初心者にもよくできていると言われ、何回か連続でやったポテンシャルがある。



☆ハゲタカのえじき
自分の好み(5/10)
周りの感触(8/10)


数字を出して、一番大きい人が点数カードを取る。ただし人とかぶるともらえないため、読み合いがアツい!

ゲームはじめの人にはまずこれをやってもらうといいと思う。間違いない。私はそういう接待でなければもはややろうと思わないが。
布教するなら持っとけ枠。



☆バーゲンハンター
自分の好み(4/10)
周りの感触(3/10)

バーゲンでゲットしたそれはお宝か、それともガラクタか。

トリテ。3人ベストらしいが前やったのも3人だったような…… ネット上では高評価なのでどこか間違っていたのではと疑っている。もう一度やる。



☆ハチエンダ
自分の好み(6/10)
周りの感触(7/10)
e0190576_20005964.jpg
大きな農場を作ってお金を稼ぎ、また大きくする。立派な農場(=ハチエンダ)も作って陣取りだ。

いつ得点行動をするか、だんだんうまくなっていっている気がする。この手のユーロにしては意外とやり込みタイプ。



☆ハートオブクラウン
自分の好み(7/10)
周りの感触(1~8/10)
e0190576_20005943.jpg
国産同人でドミニオンクローンだが、その枠を超えた出来。萌え絵に抵抗がなければ是非。

ドミニオンにルールを加え、何度も遊べるゲームとして無事仕上がったのは他にない。明らかに弱いカードは入れるべきでないことだけ注意。



☆花火
自分の好み(9/10)
周りの感触(7/10)
e0190576_20005935.jpg
自分の手札は自分にはわからない、人に指示してされて花火を打ち上げていく協力ゲーム。おすすめ。

誰とでもやる大鉄板。2人でガチなのも好き。相手によって一度行ったヒントはもう一度言っても可にすればよい。



☆バベルの塔
自分の好み(6/10)
e0190576_20010027.jpg
七不思議を建てるため、時には協力を要請しつつしたたかに1位を取りたい。

少しプレイヤーに委ね過ぎなところはあるが、いいクニツィア。資源あげるから権利くれないと勝利点もらっちゃうよ-というゲーム。



☆ヒストリア
自分の好み(5/10)
e0190576_20005963.jpg
軍事と技術、2大ベクトルを発展させ、アクションをうまくつないでこう。
重大になりがちなテーマをこれらと得られる勝利点にシンプルに収めきったゲーム。

かなりテーブルがカードでごちゃごちゃして他の人が何やっているのかわからなくなる。あと逆転が難しくテムオンリーな感じはする。
個人的に、広い領土あっての大帝国だし文化の要素も欲しかったなと思ってしまった。



☆ビール侯爵
自分の好み(6/10)
周りの感触(5/10)


貴族ならお金儲けよりも城じゃー!市場原理と手番順を絡めた作者の持ち味が光る。数ターン前の俺のバカ!と皆叫ぶ。

セルフデッキマネジメント。お金を稼ぐ手段を一生懸命作った後、畑や工業施設を壊して役に立たない城を建てるところにロマンとデッキ構築ルールの一致がある。



☆ビッグファイブ
自分の好み(5/10)
周りの感触(6/10)
e0190576_20010026.jpg
クニツィアの作ったクワークルといえば通じる。クワークルやったことないが。

ビッグファイブ!とドヤ顔で叫びながら置いてカードを受け取りたい。



☆ピニャピラータ
自分の好み(2/10)
周りの感触(1/10)
e0190576_20005980.jpg
次々とルールが増えていくウノ。カオスを乗りきれた人がお宝をゲットする!人数が少ないとわりと考えるゲームになる。

ボードゲームをやるときにではなく、遠足に持っていくべきゲーム。ボードゲームというか暇つぶしでしかない。


☆ヒュペルボレア
自分の好み(9/10)
周りの感触(7/10)
e0190576_20010080.jpg
キューブを集めて袋から3つ取り、アクションを行う。能力を伸ばすのか、領地を広げるのか、様々な戦略が考えられる。


見た目ほど重くなく、能力と勢力の拡大とマネジメントが楽しめる良作。殴りあいしなくても勝てるので、そういうのに抵抗がある人でもできる。
種族間で初期の能力差を付けたくなるが、強さに差があるのでそこはこらえて皆同じにしたほうがよい。3回やって毎回そう思った。それとスパイカードは抜くべきとgeekで言ってた。


[PR]
by phys-can-tell | 2015-08-29 20:06 | ボードゲーム
<< 所持ボードゲーム短評"... ボードゲーム「エルグランデ」「... >>