所持ボードゲーム短評 ”そ”~”た”

☆倉庫の街
(10/10)
e0190576_22111639.jpg

1hで終わり、苦しい競りが味わえる名作。商品を集めて契約を成立させつつ、火事対策にも追われあれもこれもしたいがとにかくお金が足りない。

ザ・ユーロといった内容。こんなフェルトは好きだし、こういうゲームを求めてボードゲームを始めたといっても過言でない。そんな初めてのボードゲームの感動をもう一度味わえた。


・拡張:波止場
(8/10)

一番手が不利だったのを解消。カードが増え、インタラクションも増したため深みのあるゲームができる。

言語依存が入ったのは少し残念だが、勝ち筋の厚みが増した拡張。ゲーマーとやるならこっちからでいいかも。2回やる前提で。金属コインが付属し、それのクオリティが高い。



☆ゾンビサイド
(10/10)
e0190576_22111663.jpg

ゾンビ映画の世界へようこそ。皆で協力してゾンビをチェーンソーだ。ドラマティックな展開が筋書きのないドラマへ。

協力ゲーの最高峰だと思っている。どっぷりと入り込め、絶妙なバランスとドラマがいい。ルールも比較的シンプルで、しかもゾンビ映画のシーンを彷彿させる展開が毎度現れるのがニクい。数で攻めてくるゾンビフィギュアの津波は圧巻。


・拡張:トキシックシティーモール
(9/10)

ゾンビといえばシティーモール。毒ゾンビも登場しいろいろなシナリオが遊べる。マグナムでヒャッハー!

毒ゾンビ、強い武器、生存者。


・拡張:プリズンアウトブレイク
(7/10)

近接でしか倒せないバーサーカーゾンビ相手にコンクリートカッターで立ち向かえ!独立拡張。

バーサーカーゾンビ、強い武器、生存者。
上記2つを基本セットに混ぜてけっこう遊んだが、武器の強さとゾンビの凶悪さのバランスが同じくらいインフレして派手になりよかった。


・拡張:ルーモルグ
(6/10)

倒したと思ったら這って襲ってくるスキナーゾンビ!ヘリや病院、テントが追加された独立拡張。対戦ルールもあるヨ。

初期武器からかなり使える感じになった。言語依存がかなり増えたのはマイナス。対戦はノーコメントで。


・拡張:アングリーネイバーズ
(6/10)

NPCを味方としてつれて歩ける。追加行動の多いシーカーゾンビが追加。

正直NPCは当たりとはずれがある。アイテム扱いなのでけっこうすぐお亡くなりになったり…
ルーモルグとこれは前のと混ぜて遊ぶには強すぎる感じなので別でやったほうがいいと思う。


・拡張:ドッグゾンビ
(9/10)

3アクションを持ったゾンビでしかも優先順位が一番下。最凶候補である。

難易度がぬるい時に入れるとちょうどよい。犬怖い。



☆ゾンビダイス
(6/10)

脳喰え、弾食らうな。ゾンビになって脳を集めよう。でも欲張るとショットガンでふっとばされるぞ。軽くて合間にちょうどいい。

ダイスバーストバカゲー。重ゲーにつかれた時にどうぞ。


・拡張
(6/10)

サンタさんはプレゼントをくれる。もちろん食べてもおいしい。リア充は早く食わねば。ダイスが3つ増える拡張。

設定だけで笑えた。楽しい。



☆大聖堂カードゲーム
(6/10)
e0190576_22111600.jpg
トリックを取るとカードはその色の人の元へ行ってしまう。うまく自分の手元へ資源と職人を集めて大聖堂に貢献して得点だ。

トリテに入ったきっかけがこれという。手札次第でどうしようもないときもあるためやはり今ひとつウケが悪い。資源を貯めて変換する2段階がある点が私は好きだけど。



☆タージマハル
(9/10)
e0190576_22111615.jpg

クニツィアの最高峰の一つ。競り落としたいけど手札は使いたくないというジレンマの中、いかにうまく立ち振る舞うか。

4人以上がいいかも。我慢して降りて必要なときに勝てると嬉しい。



☆タシュカラール:伝説の闘技場
(6/10)
e0190576_22120693.jpg
モンスターを召喚すると同時に次の召喚のために魔法陣を作る。そして相手の魔法陣を崩していく。

陣形を考えるのが大変だがダイナミック。死ぬほど長考されたことがあり、さくさくやれる人ともう一度やりたい。



☆楽しい動物園
(7/10)
e0190576_22140443.jpg
ミドルクラスの握り競りゲーム。別名の苦しい動物園は伊達じゃなかった。苦し楽しい。

1時間もかからず、各要素について考えることでやった気がすごくする。スタンダードになれる名作。



☆ダビデとゴリアテ
(5/10)

強い奴が弱いやつに負けることもある、そんなテーマのトリックテイキング。狙ったものを得るために頭を絞る感覚がいい。

どのトリックを取るのかというコントロールが大事なトリテ。ままならなさでもがく感覚。



☆ダンジョンオブマンダム
(7/10)


漢なら聖水とか鎧とかなくても余裕だぜ!←どうぞどうぞ。
軽くて考える、ダンジョン物のエッセンスが詰まった作品。

鉄板。誰がやっても楽しめる。



☆ダンジョンクエスト クラシック
(5/10)
e0190576_22151037.jpg
すぐ死ぬという噂だが、復活モードありでやればみんな楽しめる。でも思ったより死なない…かも。

ゲーマー資質よりも死んだ死なないで大騒ぎできるメンバーでやるべき。詰む時があり、冷静に考えると逆転できない時も多いので、損得度外視でノリで盛り上がれる人達用かな。



☆ダンジョンロード
(6/10)
e0190576_22162749.jpg
ダンジョンを掘って、モンスターを雇い、罠や部屋を設置してインプをこき使う。それでも勇者とやらがぶっ壊してくる悲しさよ。

4人でやると一番いい。バッティング、軽いワーカープレイスメントと計画性が問われる。ルールが多くて準備が面倒だがわりと面白い。


[PR]
by phys-can-tell | 2015-07-20 22:21 | ボードゲーム
<< 所持ボードゲーム短評 &quo... 所持ボードゲーム短評 ”す”~”せ” >>