ボードゲームのポッドキャスト

ボードゲームの情報を音声的に得るために、ポッドキャストを聴き始めてみた。前やろうとしたときは面倒で途中で挫折したのに欲するとできるものだ。ポッドキャストは基本的にwebラジオというよりはyoutbeの音声だけ版に近い。ダウンロードもできるが、基本はストリーミングなので通信できることが必要である。番組が更新されたら自動で通知するところなどはRSSの要素もある。

聞くこと読むよりも時間がかかるので吟味が難しいと思う。そして、出てきた情報が文字でまとめられてないと検索性が悪い。

メリットとしては”ながら”が可能なところで、登下校や作業中に聞くことができる。間があるので文字とは違う笑いを感じる時もあり、ケースバイケースかなと思う。

聞いた中で面白いと思ったのは以下。リンクはそれぞれのホームページ。


ボードゲームおっぱい

タイトルからもわかるがゲスいポッドキャスト。だがそれがいい。
おっぱいを基準にボードゲームがどれくらいよいものかを点数化しているが、ボードゲームをいろいろ下ネタにもっていくのがうまい。一話でボードゲーム一つだが実際は半分くらいしかそれについて語らず、雑談が多い。男性なら面白いと思う。

特に良かった(自分に下ネタが非常に受けた)のは、ゲームマーケット2013大阪、もんじろう、ディビナーレ、がんばれかめくん、の回。パンツに開く穴についてここまで考察されているのははじめて見たw

ボードゲームの話が少ないようで、とりあげるゲームは欲しくなるところがやはり人気の証だろう。ただ現在結構手に入りにくいものの紹介もされているのが難点。


ふたりはボドキュア!

女性二人がテンション高めに視聴者の投稿に答える形の番組。
華やかで親身、かつ聞いていて楽しい内容になっていると思う。微笑ましい。「そうそうそうそう!」という相槌が気づくとうつっている。


ボードゲーム研究室

関西の方がされているポッドキャスト。
今回挙げた3つの中では一番まじめにボードゲームについて話している。新作やイベント、店舗に取材に行ったりと特に関西方面の情報が多い。ホームページに話題になったボードゲームをまとめてくれているのも親切。


著作権の関係で音楽は基本的にないが、興味がある分野の聞き返せる作業用BGM的な扱いでポッドキャストはわりとおすすめ。
[PR]
by phys-can-tell | 2013-09-30 16:18
<< 9月28日ホビージャパンアナログ例会 ボードゲーム「ジャイアンツ(G... >>