東京ゲームマーケット2013春 感想

東京ゲームマーケット2013に参加してきた。(以下リンクは作者さんページなど。)
e0190576_17243334.jpg

ゲームマーケットとは、ボードゲームなどの同人即売会で要するにコミケのアナログゲーム版である。
場所も東京ビッグサイトと同じ。

そもそもなぜボードゲームに興味が湧いたかというと、やるゲームが無くなったことが大きい。
シュミレーションゲームが好きで、ファイアーエムブレムからはじまりギレンの野望、ファントムブレイブ、Gジェネ、シヴィライゼーションなどとやり進んだ。
(中には速攻で投げたのも多い。スパロボとか。)
友人と遊ぶ際はアクションが苦手なので桃鉄やドカポンをやり、まぁまぁやった。

だがここに来て、やるゲーム、自分がはまれるゲームのストックが無いことに気がつく。
自分のやりたそうなゲームは最近のにはもうないとシヴィライゼーションのためにパソコンを入手してから気がついた。
ついでにFFタクティスをやり始めた。

そこに、シヴィライゼーション関連での動画でよく見ているスパ帝さんスパ帝さんの解説からゲームマーケットの存在を知り、参加されるというので自分も行ってみようと思った次第。
考えれば、シュミレーションを突き進めば将棋にたどり着きそうな気もし、コアの要素は共通していると思った。


そこで本日ビッグサイトへ。
コミケと違い、全面ではやっておらず、西館の一室にて開催されていた。
同日にやってたコミック1や大ヴァンガ祭のほうが盛況でありけっこう戸惑ったが、いざ入ってみるとコミケ並みの人口密度がそこにあった。
入場券を兼ねるカタログは事前に手に入らなかったので当日買い、入場。

いわゆる壁の部分に企業が並び、真ん中が個人のブース。
コミケと大きく違うのは、ものがボードゲームだけに各ブースには販売用の机に加えてその前に、試しに遊ぶためのスペースが設けてあり、ルール解説などをされながら実際にやって購入を検討する事ができるという点であった。
これは素晴らしいと思う。

本日手に入れたのは下記。

☆上述したスパ帝さん
トスカーナの戦い
e0190576_17245080.jpg

これは実際にすぐやってみたが、デッキのすくなさと相手の手札の過半数を自分が知っていることで読み合いがより奥深くなるいいゲームだった。


月刊スパ帝国2013 2月号
e0190576_1725652.jpg

スパ帝さんのゲームレビューなどが載った小冊子に毎号ゲームが付録についてくるものでPOWERSというゲームがついていた。


☆ボードゲーム系のレビューサイトとして有名なTable Game in the Worldさん
・ボードゲームワールド(しおり付き)
e0190576_17251914.jpg

ちなみにこの方はゲームマーケットの案内記事も書かれていて参考になった。


一緒に行った友人が買っていたのは以下。

ダイヤモンスターズ
短時間で遊べ、シンプルな競売型ゲーム。

ドラゴンストーン
デッキ構築型のアナログゲーム。どういうものか全く分からないが一度混ぜてもらいたい。


もっと買うかなと思ってお札をすべて千円札で持っていったものの、体調がいまいちだったため試遊する気があまり起きなかったのと事前の下調べ不足によりどれが面白いのか判断がつかず、あまり買わなかった。

今回個人的に最も大事だと思ったのはこの点で、ちゃんと調べてこないと見た目やデザインだけではボードゲームの面白さはわからないのである。
次回はきちんと情報収集して来たい。
[PR]
by phys-can-tell | 2013-04-28 17:26 | ブログ
<< 携帯の話 「デザインあ」展 感想 >>