コンビニでアルバイトしてみた。

大学生活も安定し、金銭的な支出が増えてきたためアルバイトをすることにした。塾講師と新聞契約更新の勧誘のアルバイトに落ち、どうやら高い時給の職を探しているだけでは働き始める時期が遅くなると思い、おそらく落とされることのないであろうコンビニの面接を受け、採用された。只今研修期間である。

軽い気持ちで選んだアルバイトであるが、やってみると普段の生活からは見えない側面が見えて、面白い。

コンビニの業務は、宅急便の受付や、公共料金の代行支払、さらに、揚げ物や点心、おでん等のファーストフードの調理、品出し、賞味期限の管理など、結構多い。

同時に思うのは、コンビニくらいの商店街サイズより少し大きい程度の小売店なら本来、店員は一人で大丈夫な大きさである。
しかし、常に2人体制で店をまわし、商品やお客さんに気を配る。
そこに詰め込んだ過剰なサービスのかたまりがコンビニであるように感じた。
だからこそ、多少高い単価でも、便利、時間短縮、すべてが間に合うという現代性にあっているから伸びたのではないかと思う。

コンビニというジャンルの小売を定義付けているのは、名にし負う通り便利さだろう。
大抵のことができて、お客様をまたせない、という小売サービス業の極を目指している。

同じ小売店であるが、コンビニとスーパーとの違いは、前者があまり金銭面での値下げやバーゲンを行わないことである。商品一点一点の利益率が高い。
そのかわり、
・レジでは人をまたせない。(二人以上並んでいればすぐに他のレジを作る)
・POSシステムをフル活用された商品はニーズを迅速に反映したもの、
・並べ方に気を使い、こまめに掃除をしてトイレを開放する、
・24時間開けている
・様々な種類の商品、サービスを揃えている
等、他の小売業よりもサービスに特化している。

一方、スーパーはレジで人を並ばせ、品出しも最低限で顔見世(商品の正面が通路側に向くように並べ替えること)、前出し(前の商品がとられたときにできる隙間を埋める作業)も行っていない。
サービス面での人件費を削ることで生活感のある安さを実現しているのだろう。

別にスーパーが悪いわけではなく、あとから出てきたコンビニが差異化を図っての設計にしているのだと思う。スーパーとコンビニの利用動機はあまり重複していないので、共存できる。

面白いのは100円ローソン。
コンビニの一種でありながら、ほとんどの商品を100円という低価格に抑えられている。これは、スーパー同様サービス面を削っているからだと思う。
店員も少なく、並ばせ、商品陳列も比較的適当。宅配便やチケット取り扱いなどのサービス業務もあまりやっていない。
スーパーとコンビニの間であると思う。
しかも、ローソン系列とすることで、コンビニにあってもおかしくない種類の商品群を他のコンビニよりも安く提供する、という明確なコンセプトが伝わってくる。
本当に安いのかという疑問には、商品が100円であるということから、比較しやすく、入店しやすく、安い!と実感させやすいのだと思う。



個人的には、あいさつの習慣や他の年齢層の人々との接し方等が学べていいのではないかと感じている。
[PR]
by phys-can-tell | 2010-05-21 23:27 | ブログ
<< 「WORKING 閃光のナイト... 映画「アリスインワンダーランド... >>