大学生活をはじめる人へのお節介

大学というものに1年通った反省的なもの。

・mixiは必須。マイミク(友だち登録)から始まる出会いも多い。アカウントを取って、高校や中学の友達を登録しておくこと。

・酒は飲めるかどうかだけでも自分で知っておくこと。限度を知らないと危険。

・ネットに繋げられるパソコンはいる。マイクロソフトオフィイス(ワード、エクセル、パワーポイント)はインストールしておくこと。
 インドア系の人はニコニコ動画のアカウントを取得しておくと便利。いろんなサイトのリンク先になっている。ただし、はまると2週間ぐらいそれに費やしてしまうことは必死なのでほどほどに。

・サークルの新勧や学科の飲み会は知り合いを増やすために出来るだけ行った方がよい。情報量の差が成績の差になることが多いし、友達はその知り合いの中から生まれてくるものなので。
 新勧ではできれば同じ学科の先輩から大学生活のノウハウや当たり、ハズレ授業を聞いておくと便利。知り合いが全くいなくても新勧で知り合った先輩は意外と親切に教えてくれる。

・バイト募集は4月に多い(特に教育系)のでやりたければ早めにアポを取っておくこと。面接から初出勤まで意外と期間があるので注意。
 文系はサークル、バイトをしないと暇で仕方がなくなるので出来るだけやっておくこと。
 理系でもそれなりに遊びたければバイトは必須。飲み会1回でだいたい2000円から3000円かかるということが目安。二次会やそのまま徹夜でカラオケとかもよくある。

・教職課程は教師になりたい人や、教授を目指している人以外はとらない方がいい。
 取得しないといけない単位が多く、非常に時間をとられる。まわりとのスケジュールが合わず、孤立する危険性もある。

・大学の授業は基本面白くない。眠い。
 自学した方が効率はよい。ただし、テストやレポートを出すのはその教授なのでそのへんのフォロー(人脈的な)は必要。

・とりあえず、隣の席になった人には全員話しかけるとよい。アドレスもできれば。
 基本的にみんな知り合いを増やしたいと思っているはずなので、尻込みせずアタックして行くべき。大学デビューという言葉もあるし。

・サークルには入ること。縦もそうだが、違う学部の友達という横の繋がりも人格的成長に役立つと思う。というか、大学は"知り合い"は増えるが"友達"やらは出来にくいのでいろんな人と接する必要がある。

・普通にやれば単位は来る。
 が、"普通"とは過去問や対策ノート(学科で伝統的に回されている、その教授の授業をまとめたもの)がある状態をいうのでやはり人脈と情報が大事。

・理系ではまじめに授業内容を理解しないと後の学年で使うときに困る。

・大学のサイトやメールボックスは毎日チェックすること。すべての案内、連絡はそこからしか来ない。担任とかが存在しないのが大学。


積極的に動かないと何もはじまらないのが大学だと思う。
リア充目指して頑張って欲しい。



参考VIPPERな俺 現役大学生が新大学生に向けて一言書くスレ
  VIPPERな俺 新生活を迎えるにあたって役立つサイトまとめ 2010年版 
[PR]
by phys-can-tell | 2010-03-08 14:22 | ブログ
<< 2,3月前半の映画@tv RSSとクラウド >>