「プリンセスラバー」

アニメ(の前半)が好きだったのでやってみた。

アニメと同じでハーレム系だと思っていたので、特に意識せずに選択肢を選んでいったらメイドさん(優さん)ルートに入った。
なんか、自分を無条件に受け入れてくれる母性的存在を求めていると言われたみたいで複雑。

ヒロインと選択肢を多くしといて、心理テストみたいにルートが分岐したら面白いと思う。

ストーリー面でいうと、個々は悪くなかった。
ヒロイン紹介、告白、ラブラブ、急転、解決、ハッピーエンドという王道の流れ。
ただ、どのルートも似たような構成になっていたのが周回プレイの時に鼻につく。

他ルートで伏線回収とか、裏話等ができればいいと思う。
時系列的には並列で進んでいくのだし。

起承転結の”転”の部分がほぼワンパターンで、しかも乗り切る方法が「愛のために全てを捨てる」というものだったのが今ひとつ。
セカイ系にある、愛する人と世界の二択と似たようなモノを感じた。

自分自身はそこまでの恋をしたことはないが、高校生が年齢であり、経済的に独立は難しいと思う。
バッドエンド(なかったが)が似合いそう。ロミオとジュリエットになるけど。

個人的に違和感があったのは、告白してそのままそういうシーンに突入していくこと。
相思相愛スタートとはいえ、一応上流階級設定なのでどうかと感じた。

校風が固かった高校にいたからそう感じたのかもしれないとは思う。
それこそ「スクールデイズ」や携帯小説を少し間引いたものが平均的な高校生の生活なのか。知りたいところ。
[PR]
by phys-can-tell | 2010-02-09 23:22 | ゲーム
<< wiiの手間と改善してほしい点 1月の映画 >>