冬アニメ初見 その3

「ソラノヲト」

帰省してて実家ではアニメなんて見れる空気でなかったので2話を見た。

けいおんけいおんと騒がれてたが、けいおんなのは絵だけだと思う。
やはり学園物より、自由に作られた世界のほうがワクワクする。
世界観とか矛盾とかいろいろ問題になりやすいが、現実世界になんかの能力を持ちこまれるより、それが当たり前のものである世界のほうが複雑目な話ができる。

個人的には出てきた戦車を使った緻密な戦闘シーンがあればいいなと期待。


「ダンス インザ ヴァンパアバンド」

テレビのバラエティー番組のカメラ視点の展開。
アニメには向かないと思った。というか、その必然性があまり感じられなかった。

低俗なバラエティーとか製作者の思いを直接表現してはならないと思う。そういうのは作品を通して訴えるべきで、言いたければブログにでも書いておけばいい。
世間的に見ればアニメもそれほど評価されてないのでメッセージとしても弱い。


「おおもりひまり」

これも2話。
萌え萌えハーレム、ちょい怪異。

声以外に特筆なし。
[PR]
by phys-can-tell | 2010-01-16 20:28 | アニメ
<< 1月の映画 冬アニメ一話 その2 >>