そらのおとしもの

最終話の戦闘シーンが非常に良かった。時空の歪曲によるメカ召喚も、空間戦闘もガンダムとかマクロスと遜色ない出来だった。

全編を通してあらが少なく、楽しんでみることができた。
元々、パンツが飛ぶエンディングで有名になったアニメだが、話の内容もシリアスパートとコメディパートがいいバランス。このバランスが本作の一番よい点だと思う。
エンディングも、古いJPOPを声優が歌いなおすというけっこう新鮮なもので、昔の歌もいいなと思わされた。

恋愛ものとしてもキャラクターがしっかり立っていたが、心理描写を音声にしてしまうのはどうか。
そこは行動とか、表情に出すべき。


勢いで原作を買ってしまったが、絵柄が綺麗。どちらかというとシリアスが映える印象。
[PR]
by phys-can-tell | 2010-01-08 00:24 | アニメ
<< バカとテストと召喚獣 第一話 ブルースウイルス映画 >>