生徒会の一存 最終話

崩れた部分のないアニメだった。
オリジナルストーリーも大して原作と背反してなかったし、視聴者を置いていく展開もなく、最後も問題なく終わった。

ただ、パロディ展開を売りに最初は放送していたが、だんだん慣れてきてしまい新鮮味が薄れてしまったのが個人的にはマイナス。
おお、面白いなという話が中盤以降見受けられなかった。その点で、冒険しきれてなく優等生的に落ち着いてしまっていたのが残念。

あと、真面目な部分にギャグを入れるのは人によって好き嫌いがある。
入れる呼吸というか、空気を作って入れるのはいいが、唐突に入れるとそのシリアスさが伝わらない。
ある程度長いところには小休止的な意味で入れ、短いところには無しにするか。
それだとギャグメインの作品には辛いが。

要はバランスと流れを作る力だと思った。
[PR]
by phys-can-tell | 2009-12-25 20:13 | アニメ
<< ニュー速vip『もう「w」には... 聖剣の刀鍛冶 最終回 >>