なぜ人はスポーツを見るのか

バドミントンの試合に参加する機会があったので”スポーツの試合”の面白さについて考えてみた。

大学に入ってから見た試合で、印象深かったものを3つ挙げる。

1つ目は、かなり上手いレベルの先輩の試合。
先輩のペアは、いわゆる守備型で、相手に打たせた球をことごとく返し、疲労をさそって長期戦で勝つ、というスタンス。
対戦相手は、それと正反対のばりばりの攻撃型で、どんな姿勢からでもスマッシュをがんがん打ち、決めていくスタイルだった。

ようするに、古典的な矛対盾だったわけで、互いの戦術が見事にぶつかり合っていた点が面白かった。


2つ目は、同級生のペアの試合。

相手が上級生だったわけだが、そのうちの一人が、いわゆる調子ノリなタイプだった。
そういう学校の雰囲気だったのかもしれないが、点が入るたびに得意げにこちらに流し眼を送り、味方にアピールをしていた。
まあ、典型的な小者悪役であり、それをやはり少し空気に悪乗りしがちな友人が倒していた。

相手を気にせず試合に集中していた分、大人だったので勝ったのだろう。


3つ目も同じ同級生ペアの試合。

対するペアの1人が、一見真面目に見える外見にもかかわらず、ルールの隅をついて普通は打つのをためらうショットを連発していた。




何が面白かったのかというと、
①キャラが立っていた
②結果が読めない
③フィクションでよくあるような設定の対戦が現実で目の前にあった
④技術的に完成度が高かった

などがあるだろうが、、スポーツは結果のないドラマという言葉通りなんだろう。

ジャンプなどにありそうな対戦が目の前にあり、キャラ(選手)の心理もわりと表情に出て分かりやすく、画的にも美しい、そんな展開が目前に存在するのが、スポーツ鑑賞の醍醐味だと考えた。
[PR]
by phys-can-tell | 2009-11-15 01:25 | ブログ
<< マクロスF ~偽りの歌姫~ B級映画達 >>