ゲームキューブ SDガンダム ガシャポンウォーズ

一昨年くらいに買って、一応一人プレイモードは全クリしたので放置していたもの。
ひたすらコンピューターと対戦している。

シュミレーションRPGとしては時間制限があったり運要素が強いものの、なかなか楽しめる。
2頭身のモビルスーツは、慣れるまでは違和感がありまくりだが、慣れると可愛く思えてくる。
特に、ユニットでデッキを作るのだが、その時に気に入った機体ばかりになってしまって、バランスや強さを度外視して組んでしまう。
アニメ本編ではそれはどかっこよいと思わなかった機体も、可愛い要素では別の思考回路が働くよう。
個人的に、ギャン、ガイア、アビスが好きになった。
逆に、主人公系や、明らかにチートな巨大モビルスーツ(サイコガンダム、ビグザム等)はだんだん使わなくなった。

要するに、モビルスーツを擬人化しているからこそ、可愛いとか(人によっては)萌えるとか思うのだろう。
もともと人型が多いし、パイロットを意識させる動きを取ったりするので気がつくと一つのキャラクターとして捉えていたりする。
これも、デフォルメしてある程度リアリティをそいだからあり得るのだと思った。

ゲームとしては、ある程度の戦略性に、運での逆転、そしてアクションでの腕の差がいかされて、いいバランスだと思う。
勝利条件もいくつかあり、必要に応じて選べる点もユーザーフレンドリーである。
モビルスーツを集めるコレクション性や、ユニットデッキのレベルを上げるやりこみ要素も、長時間できてよい。

おしむらくは、当時公開したばかりのseed distinyの機体が多く、他の作品からはメジャーな機体しか出てきていないこと、コンピューターの行動パターンが似たり寄ったりなこと(シンは突撃してくる、キラはエース機の一機でくる等の差が欲しい。)、機体説明が不十分で分かりにくい、コストの差が強さの差だと実感できない点がある、などである。

ガンダムファンも、シュミレーションファンも、カスタムロボ系のアクション好きにもたのしめるゲームだと思う。
ぜひ、続編をやりたいと感じた。
[PR]
by phys-can-tell | 2009-09-17 21:29 | ゲーム
<< 忘念のザムド 23話 プリンセスラバー 11話 >>